商工会は法律に基づいて、国・県の許可により設立された地域商工業者のための自主的な経済団体です。
そして商工会は地域商工業全般の改善発達を図るためにも設置されています。

その性格は、経営改善普及事業を目的とする「地域指導団体」としての性格と地域振興事業を行う「地域経済団体」としての性格の2面を持っています。


【東吾妻町】

東吾妻町は、群馬県の北西部、吾妻郡の中央に位置し、北は中之条町、西は長野原町、東は渋川市、そして南は高崎市に接しています。
面積は約254平方キロメートル、東西28キロメートル、南北16キロメートルです。
 町域には岩櫃山や浅間隠山などがそびえ、周囲には1000m級の峰々が連なっています。名勝地吾妻渓谷を有する吾妻川をはじめ、温川、これに流れ込む多くの渓流にも見られるように、水と緑に恵まれた自然環境の豊かな町です。

【岩櫃山】

岩櫃山は標高802mの岩山で、吾妻八景を代表する景勝地として知られています。南面は約200mの絶壁。奇石、怪石からなる切り立った山容は、中国の南画のような趣があります。山頂からの眺望はすばらしく、眼下には原町や中之条の市街地、眼前には上州の山々が広がり、晴れた日には遠く富士山も望めます。新緑と紅葉のシーズンには多くのハイカーでにぎわいます。

【吾妻渓谷】

吾妻渓谷は、吾妻川に架かる雁ガ沢橋から八ツ大橋までの約3.5kmの渓谷です。大昔に火山が噴きだした溶岩を、川水が深く浸食してできたものと考えられています。
 渓谷沿いにつつら折りの狭い道をたどっていくと、そば立つ懸崖や奇石、滝など変化に富んだ見どころが続き、渓谷の美しい眺めを一望できる見晴らし台もあります。特に4月中旬から新緑におおわれた5月、紅葉の美しい10月下旬から11月上旬にかけてが、渓谷探検に最高のシーズンです。





商工会ご紹介会員募集会員のご紹介青年部女性部事業のご案内お知らせアクセスTopへ→
Copyright(c)2017-today Higashi agatsuma-machi shokokai All Rights Reserved.
東吾妻町商工会