群馬キリストチャペルの歩み



『私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また、信じています。神は愛です。』(聖書)

会堂の前で記念撮影
 群馬キリストチャペルは、1993年10月11日の新会堂の完成に伴い、群馬町金古において集いを開始致しました。
 当教会の前身は、アメリカより来られた宣教師ベッコン夫妻の働きにより建てられ、1978年6月より高崎駅東口の双葉町にて集いを持っておりました。
 当教会は、神のことばである聖書が示す主イエス・キリストを信じ、従うという素朴な信仰を持っております。
 多くの方々に正しく聖書を知って頂くことを願い、集いを持っていきたいと思っております。ぜひ、群馬キリストチャペルにお出かけください。