艮山荘の由来

艮は「易経」から採ったもので、山の重畳とした
容姿を示し、その意は孔子の
「欲すべきを見ざれば心をして乱れざらしむ」
また「吾が大患有る所以は吾れ身を有するが為なり。
吾身を無くするに及んでは何の患ふることあらん」で、
あくせくしている世間の人を見ないで
心を静止せしむべきことを意味し、
大自然に恵まれた良い環境で若い純真な人達の
遊んだり学んだりするのに相応しい処という意味
であります。
命名者は当代本邦に於ける東洋学の第一人者
安岡正篤先生で同先生は終戦の詔勅を撰文された
ことでも有名であります。
青年時代から先生に師事して居りましたので
この場所を開くにあたり命名をいただいたわけで
あります。                  敬白

 昭和四十五年十月吉日
                     萩原洋一 識                                         


注 私の父が作成したものです。


[トップページへ戻ってみよう
]