オカリナ製作体験 めざせ1オクターブ超え!(報告)

オカリナを吹く人は、一度は作ってみたくなる
オカリナを吹く人には、1本は作ってみて欲しい
少々いびつでも、少々音痴でも、自作はいとおしい

全閉の音を主音とし、指穴を10個開けて、どこまで音が出せるかに挑戦しました。
結果は?


べっこう飴状態(笑)まで制作。

焼き上がってきた作品

講師がオカリナの心臓部の「歌口」を仕上げ、調律も施して焼成してくださいましたので、最高音まで綺麗に出るC管オカリナができあがりました。 (講師が、C管になるよう調節穴を開けて微調整してくださいましたが、それでも粘土を削りすぎ半音低いB管になってしまった方2名、削り足らずCis管になってしまった方1名 残念でした。)


1.日 時: 平成23年5月29日(日)受付9:45 制作時間10:00~15:30
2.講 師: オカリナ風土 haru 氏
3.会 場: 桐生市市民文化会館 アトリエB(桐生市織姫町2-5 )
4.主 催: オカリナアルファ

講師プロフィール
<haru>「オカリナ風土」主宰 「haruのオカリナ」制作者
埼玉県庁ボランティアズ・クラブ人材養成講座講師、ヨークカルチャーセンター大宮講師、オカリナ製作販売・個展開催・コンサート・オカリナ作り体験・演奏体験・各種オカリナイベントにて関東を中心に活動中。

<アンケートで寄せられたご意見ご感想>
1.女性 なかなか難しいですね。特に歌口は自分で作る自信はないですね。出来上がるのが楽しみです。
2.男性 半分に割ってくりぬくとは意外。歌口が難しい。
3.女性 難しかったですが、先生が一人一人確認してくださったので心強かったです。
4.女性 難しかったです。最初に吹いたとき音が出なくて焦りましたが、先生がチョチョッと調整してくださると綺麗な音が出て感動しました。仕上がりが楽しみです。素敵な名札と豪華な昼食、あたたかみを感じる会でした。楽しいひとときをどうもありがとうございました。
5.男性 肉厚を目標値に均一にするところが難しかった。歌口のエッジを成形するのは難しそう。
6.女性 大変良い勉強になりました。楽しかったです。
7.女性 楽しかったです。音程が微妙で心配です。
8.男性 ちょっぴり難しかったけど、楽しかったです。。
9.男性 大変楽しかった。いつの日か、12穴を作ってみたいものです。
10.女性 難しかったが楽しかった。たくさんの人とお話が出来て良かった。。
11.女性 初めて作るオカリナ、楽しかったです。皆さんと色々とお話しながら制作が出来て、大変良かったです。出来上がりが楽しみです。
12.女性 難しかったですが、とても楽しかったです。先生に調整していただいて、音が出たときは、とても感動しました。
13.女性 難しかったです。でも楽しい雰囲気でやれて良かったです。
14.女性 オカリナはどんな風になっているのか興味がで参加しました。なかなか繊細なもので、少しの違いで音が出なくなったりして、大変なものだと実感しました。いつもいろいろ企画していただき、参加させていただきまして、ありがとうございます。また、ぜひ参加させていただきたいと思います。
15.男性 割合と思うように作れました。このようなオカリナ制作を、続けていただきたいと思います。

上記のとおり、オカリーナ制作の難しさを実感されたようですね。また開催する予定です、今度はあなたが挑戦してみますか!?
<オカリナアルファ代表 当館管理人>

★あるふぁインデックスページへ

★サイトマップへ