オカリーナほうむぺえじ

オカリーナが壊れたら・・・リペア(修理)について


ホームヘ

サイトマップヘ

情報の玉手箱へ

オカリーナも他の楽器同様、使用していくうちに故障が発生します。外部塗装のはがれなど、楽器としての機能には支障のない故障もありますが、楽器としての機能を失ったり、著しく低下させる故障もあります

(1)ぶつけてひび・亀裂が入った、落として割れてしまった場合

ひび、亀裂が入った場合、接着剤をそっと塗り込む。注入部をぐいぐいと押し当てると、ひびを増大させ割れてしまう恐れあり。
矢印の指している穴=歌口 が割れた場合は、直すことは出来ません、諦めてください。
粉々に割れてしまった場合も、復元は無理でしょう。

「歌口」に傷が無く、大きなかけらで割れ、かけらが揃っているときは、直せるかもしれません。
ただし、音程が微妙に狂ったり、高音の出が悪くなったり、かすれ音が出たりすることがあります。 完全に割れる前と同じ状態に戻すことは、難しいです。

(2)唾液の付着による目詰まりで結露生じ、演奏中に高音が出にくくなった場合

唾液による結露については、こちらのページをご覧ください。焼成し直すと、唾液成分による目詰まりは焼き切られ、買ったときの状態に戻ります。

(3)保管状態が不適切でウィンドウェイ内部にカビが生えた場合

矢印で示した部分(吹き口から歌口までの間)がウィンドウェイです。
オカリーナを、密閉容器や通気性の悪いケースなどに入れて、持ち運んでいる人がおります。
帰宅後に、すぐ容器等から取り出して乾燥させれば問題ありませんが、そのまま しまい込まれますと、湿度の高い梅雨時などには、息を吹き込まれて湿気ているウインドウェイに、カビが発生することがあります。
生じたカビは、洗っても取れません。演奏にはほとんど支障ありませんが、カビのにおいをかぎながら演奏する羽目に陥ります。
焼成し直すと、カビは焼き切られ元に戻ります。



さて、皆さんは上記のようになってしまったら、具体的にどうされますか?

(1)番は、接着剤を買ってきてなんとか貼り付ける?!
(2)番(3)番は、再焼成すれば元に戻るといっても、電子レンジやオーブンでは温度不足です。陶芸窯で、もう一回焼成することが必要です。
しかし、陶芸窯なんてお持ちじゃないですね。メーカー・制作者に相談しても、余程 親しくない限り、再焼成して貰う事など出来ませんでした。再焼成すれば、この問題は解決するということさえ、知らされませんでした。
ですから・・・
目詰まりして音が出にくくなってしまい、演奏に耐えられなくなったら、寿命と諦めて買い換える!
カビが生えたら、カビくさいまま我慢して演奏するか、買い換える!
これしか、方法がありませんでした。

オカリナメーカーの(株)大塚楽器製作所(ナイトオカリナ)には、「オカリナを長く愛用して欲しい」と、上記に対応してくれるリペアサービスがあります。
驚くことに、ナイトオカリナだけでなく、他メーカー・制作者製オカリナであっても、相談に応じてくれるそうなのです。
これは、画期的なことでありまして、オカリーナ愛好者にとっては、まさに朗報!!です。
楽器のコンディションが悪くなってお悩みの方は、相談してみる価値があると思います。上記リペアサービスのリンクから、ナイトオカリナへ、直接ご相談ください。

ただし・・・オカリナは、メーカー・制作者により表面加工が異なります。素焼きのもの、素焼きにニスを塗ったもの、塗料を塗ったもの、炭化焼成のもの、様々です。
焼成し直しますと、表面に塗ってある、これら塗料、ニスはすべて燃え尽き、元の粘土の色に戻ります。
炭化焼成されて黒く仕上がっているものも、同様に元の粘土の色に戻ります。(白い粘土は白、茶色粘土は茶色になります。)
他社製品の再焼成を依頼した場合、再塗装は、ナイトオカリナ ラインナップの色に限られることを申し添えます。

外見までも完全に復元することが出来るのは、制作したメーカー・制作者だけでありますが、一般愛好者のオカリナについて、リペアサービスを他社が行っているとは聞いたことがありません。
ナイトオカリナに追随する形で、近い将来 他メーカー・制作者も リペアサービスを開始してくれることを、管理人は期待しています。

【25.6.29 オカリーナほうむぺえじ管理人】



ホームヘ

サイトマップヘ

情報の玉手箱へ