火山 久(香山久)先生プロフィール






火山久先生
1996年12月管理人撮影
火山 久(香山 久 かやま ひさし)本名 渡辺久三郎
1925年 スイスに生まれる。
ピアニストであった母親の影響で自らもピアニストを目指し、上野音楽学校(現東京芸術大学)に進むが、 太平洋戦争終戦直前、1945年3月10日未明の東京大空襲で右手小指の自由を奪われ、足に怪我を負い、ピアニストへの道を断念。
1947年頃からチェロを始める。信時潔(のぶとき きよし)氏、伊福部昭氏に師事し作曲を学び、津川主一氏に師事し宗教音楽を学ぶ。
1950年頃 土の笛「オカリナ」を知り、その透き通るような音色に魅せられ、表現力の狭いオカリナを なんとか音楽的に高めようと その改良に熱中しはじめる。
1959年 チェロ奏者として活躍中、交通事故により左腕骨折、チェロ奏者としての道も断念せざるを得なくなり、失意のどん底に落ちる。

作曲家の山本直純氏がオカリナの音色に魅せられてから、好んで放送等に使い、オカリナ奏者として注目されるようになる。
ミサ曲、レクイエムなどの祈りの曲や室内楽に、オカリナを取り入れて作曲、放送や映画音楽でも活躍。

栃木県阿蘇郡田沼町飛駒に工房を持っていた1975年頃から、宗次郎氏、松本壽和氏(ヒーリングオカリナ)、谷力氏(故人)にオカリーナの制作・演奏を指導。
4人でオカリーナだけのアンサンブル「火山久とクレイトーン・アンサンブル」を結成、演奏活動を全国的に展開し、その美しいハーモニーで人々を魅了する。

1979年からは、足利短期大学(幼児教育科)音楽教授を務め、その傍ら、チェロ、合唱(アカペラ)、オカリーナ制作・演奏指導等を多くのアマチュアに施し、オカリーナや合唱のためのオリジナル曲、編曲を遺す。

1996年足利市市民文化賞受賞、
1997年(平成 9年)5月30日 音楽への熱き想いを私たちの胸に残し永眠。
2004年(平成16年)8月10日 直子未亡人永眠。

火山久先生の作曲作品が、海外の音楽祭でグランプリを受賞しているとか、どこぞに記載があるらしく、「事実かどうか?」と、県外に出かけた折などに聞かれます。
管理人は、直子未亡人に生前・・たしか2002年12月頃に伺ったことがありますが、「そのような事実は無い。」との事でした。
受賞歴は1996年の足利市市民文化賞のみです。H27.5.5追記

火山久作曲 オカリナ曲作品名一覧
1.炎の踊りソロ曲オカリナ曲集に収録
2.Mozartiade(モーツァルティアーデ)ソロ曲未出版
3.三度の練習のためのスケルツオ2声オカリナ曲集に収録
4.Ave Maria3声オカリナ曲集・合唱曲集に収録
5.茜の海3声オカリナ曲集に収録 
6.Veni Jesu Amor Mi3声オカリナ曲集・合唱曲集に収録
7.Auf widersehen(また会う日まで)3声オカリナ曲集・合唱曲集に収録
8.冬3声合唱曲集に収録 
9.Missa Brevis より Kyrie3声合唱曲集に収録
10.  〃       Sanctus3声合唱曲集に収録
11.  〃       Benedictus3声合唱曲集に収録
12.  〃       Agnus Dei3声合唱曲集に収録
13.水曜日のトロール3声オカリナ曲集・合唱曲集に収録
14.飛駒の夕べの祈り4声オカリナ曲集に収録 
15.おやすみなさい4声オカリナ曲集・合唱曲集に収録
作曲者名が明記されている火山先生手書き楽譜が存在するのは以上です。
オカリナ曲集は実音譜ですので、SF、AFパートは読替えが必要です。
16.牧歌4声昭和33年出版 明田川孝著「オカリーナの本」に収録
編曲作品は、出版済みが24曲、未出版が20曲(その他不明曲、未完成曲有り)後日整理することに致しましょう。H27.5.16

★サイトマップへ