オカリーナの紐について教えてください

投稿者:kounan太郎 2003/10/18(Sat) 12:20:29
オカリーナを初めて5ヶ月になりますが、今まで何の疑問も持たずに首から紐でぶら下げて吹いてきました。
先日、紐が左手の親指を邪魔したのと、会の一人が紐をかける金具の付いていないオカリーナを持っていたので、 ふと気になり、気が付いてみれば まだ見ぬ凛さんも金具が付いていないようです。
紐の件、どう考えたらよいのでしょうか?

投稿者:管理人 2003/10/18(Sat) 15:19:25
kounan太郎さん、こんにちは 紐の付いているオカリーナをお使いなのですね。
紐は、一部のメーカー・制作者が、子供や初心者の落下防止のためにつけているのだと、管理人は認識しております。

オカリーナは、紐をつけて首から提げないと、持っていられないほど重い物ではありませんね。
(アルトF管以上の大きさのオカリーナは、首から提げている人を見たことがありません、重すぎて首からかけられませんから・・・)
落下防止以外には、管理人には 紐をかけて首から吊す明確な理由が考えつきません。 ご存じの方いらっしゃったら、教えていただきたいと思います。

いつまでも、そんな紐に頼っているなんて、初心者の証明、演奏に自信が無い事の証明といったら、言い過ぎかしら?
第一、体育教師のホィッスルじゃあるまいし、いい大人が、首から紐で楽器を提げるなんて カッコ悪いと思いませんか?

制作者は、ホールドしやすく、すべりにくい、落としにくい楽器を作るべきだと思います。
演奏指導者は、落としにくいホールドの仕方、指さばきの仕方、楽に演奏出来る変え指を、指導すべきだと思います。


投稿者:まゆみ 2003/10/18(Sat)23:33:29
管理人さん>いい大人が、首から紐で楽器を提げるなんてカッコ悪いと思いませんか?
すみません.......韓国では みんな いつも首かざり?のように首紐をしております。「首かけオカリーナ人」だらけです。
実は 私も凛ちゃんを除いて 他のオカリーナはぜーんぶ紐付き.....そして 安全?のため 練習の時は いつも首飾りを...
オカリーナの練習をしているときは、いい大人から 無邪気な(有邪気?な)子供に変身です。
よく考えてみると なさけないですよね.....(早く上達して 首紐卒業しなきゃ)


投稿者:管理人 2003/10/19(Sun)00:08:03
まゆみさん>韓国では みんな いつも首かざり?のように首紐をしております。「首かけオカリーナ人」だらけです。
韓国では、制作者が人前で演奏するときも、プロ奏者も、首からオカリーナを提げて演奏していますか?
もしそうでしたら、それはそれで、韓国のオカリーナ文化と言えるのでしょうね。

宗次郎さんはじめ、日本のプロ奏者は、首からオカリーナを提げて ステージには立ちませんよ。
首からぶらぶらさせるのは、クラシックバスカーズのマイケルさんくらいでしょうか?! あの方の場合は、ユーモアでしょうね。

まゆみさんが使っているオカリーナって、韓国製ですよね。


投稿者:まゆみ 2003/10/20(Mon) > 00:06:40
はい。凛ちゃんを除いて 私が持ってるオカリーナは、全部 韓国製です。
同好会の集まりの時は ほとんど 首かけしてますが (同好会のキャンプとかも)
でも、よく考えたら 公式の演奏会では そんなの見かけないですね。


投稿者:kounan太郎 2003/10/20(Mon) 09:42:59
管理人さん そして投稿してくださったまゆみさん 有難う御座いました。紐をはずしました。
今私は、知りたがりのおサルのジョージ状態で色々疑問が沸いててきます。技術の向上とともに知識も得ていく物だと思いますので、 今後とも宜 しくお願いいたします。


投稿者:パンクのぞう 2003/10/21(Tue) 09:48:35
すみません、ちょっと話題に乗り遅れましたが・・・。

落下防止の紐・・・確かに 「紐がなくて、オカリーナを落として破損していまった。」と言う話は、よく聞きます。
でも、紐がついていても つけたまま立ったり座ったり、譜面台にかがんだ時にぶつけたりと、見ている方は気が気ではありません。

また、テーブルに直にオカリーナを置き、その度にコトン・コトンと・・・。
ある発表会で 首からオカリーナを2個下げている方をおみかけしましたが、オカリーナ同士がぶつかって やはり見ていて心配でした。

すべりにくい、落としにくい楽器も勿論必要ですが、奏者である私たちにも できることもあるのではと思いました。


投稿者:kounan太郎 2003/10/21(Tue) 18:09:10
管理人さん有難う御座います。迅速、且つ回答表現の的確さにいつも感心しています。
そしてバンクのぞうさん、初心者の質問にお付き合いいただき、本当に有難う御座います。今後とも色々お教えください。
今、ワンポイントアドバイスを読み返し、読みつぶしていますが、結構読み飛ばしている箇所があって、知識の穴を埋めています。
また質問させて下さい。有難う御座いました。


投稿者:管理人 2003/10/21(Tue) 20:26:08
ぞうさん>ある発表会で 首からオカリーナを2個下げている方をおみかけしましたが、オカリーナ同士がぶつかって やはり見ていて心配でした。
あれあれ・・・2本以上のオカリーナを、首から提げるときは、紐の長さを変えるものです。
ピッコロは、胸の当たりでぶらぶら・・・
ソプラノFは、胃の当たりでぶらぶら・・・
アルトCは、おなかの当たりでぶらぶら・・・・
これなら、いくらぶらぶらしても、オカリーナ同士がぶつかることはありません。 これは、生活の知恵です、頭は使わなくちゃ! ね。

オカリーナの落下事故といっても、演奏中は、ほとんど無いのではないかと思います。
演奏(練習)中に落とすのは、オカリーナが まだ手に馴染んでいない超初心者でしょう。
上に書きましたとおり、ホールドの仕方などの指導が必要です。

演奏中以外で割る人は、ある程度吹けるようになった方まで いらっしゃいます。
置き方など、「気配り」の問題ですね、ワンポイントアドバイスの「オカリーナ入門編」に書いてあります。
楽器への気配りは、ハードケースから出した瞬間から始まり、ハードケースにしまい蓋をして終わります。 不注意は、防止出来ないものでは、決してありません。

ぞうさん>奏者である私たちにも できることもあるのではと思いました。
音楽は心でします、奏者に出来ること、それは、音楽を愛すること、そしてあなたの楽器を愛すること。


投稿者:こなふき父さん 2003/10/27(Mon) 23:51:41
はじめまして、こなふき父さんと申します。
ちょいと気になりましたので書き込みさせてください。

>いつまでも、そんな紐に頼っているなんて、初心者の証明、演奏に自信が無い事の証明といったら、言い過ぎかしら?
>第一、体育教師のホィッスルじゃあるまいし、いい大人が、首から紐で楽器を提げるなんてカッコ悪いと思いませんか?

と言う管理人さんの意見に大変ショックを受け、かつ悲しくなりました。「紐を使うのはいけないからやめましょう」とは  言っておられませんが、 ニュアンスとしてはそのように受け取りました。(少々被害妄想が入ってます?)

初めての書き込みで いきなり批判的なことを書くことを、悩んだのですが、どうしても心に引っかかりましたので失礼させていただきました。


投稿者:kounan太郎 2003/10/28(Tue) 02:04:07
こなふき父さんさん、始めましてこんにちは。最初の質問をした者です。
初心者の質問に、ご意見を頂いて有難う御座います。私自身は、「紐が邪魔だ」と思ったのと、吹いている姿をイメージしたときに、 「紐が無い方が、シンプルでいいかなー」と思って質問しました。私にとっては、的を得た答えをもらえて喜んでいます。
人それぞれのスタイルがあって、好きな様にやれば良いと承知の上での 私にとっての質問でしたので、どうぞ、悲しまないで、 こなふき父さんは、こなふき父さんのスタイルで、なさって頂いたらよいのだと思います。どうも、有難う御座いました。


投稿者:管理人 2003/10/28(Tue) 07:04:08
こなふき父さん はじめまして 管理人です。

人はそれぞれ、好きずきです、kounan太郎さんがおっしゃっておられるように、紐がお好きなら、ずっとお使いになれば良いと思います。
人にどう思われようと、管理人になんと言われようと(あなたに直接言った訳ではありませんが)ご自分の信念として紐をお使いになれば良いと思います。

なぜ、悲しくなどなるのでしょうか?
もしかして、こなふき父さんも、内心、「紐はカッコ悪い!」と思っておりませんか?

管理人は 紐は 初心者が慣れるまでの演奏中の落下防止の「補助具」だと思っております。
慣れたのに長い紐をつけたままにしていて、その紐がひっかかって、卓上から落下させるという危険もあります。(実際、見ております)
紐があるからと、紐に頼り 吊したまま保管する・・・などは、決してやって欲しくない事です

あなたの夢をかなえる楽器は、大切にして欲しい
頼るものがなければ、工夫するものです、そうは思いませんか?

紐大好き派が、愛好者の大多数を占めるようになれば、それは日本のオカリーナ文化ということになるでしょうね。
そうなったとしても、指導の先生方まで 紐を付けて演奏するかどうか? はなはだ疑問です。


オカリーナの皮膚呼吸 投稿者:管理人 2003/10/29(Wed) 20:40:55
オカリーナは、そのほとんどが素焼きです。
素焼きのため、吹き込んだ息に含まれる水分は、オカリーナ内部で吸収され発散します。
この作用がうまくいっていれば、結露して音が出なくなることは、まずありません。
管理人は、この作用に支障がないように、焼成温度に気を配り、オカリーナ表面にも塗料系のものを塗っておりません。 コーティングも行っておりません。

表面に塗料系のものを塗ったり、コーティングを施しますと、見た目が綺麗に仕上がるほかに、汚れの防止作用があります。
しかし、これらを塗った結果 表面がすべすべになると滑りやすくなると言うことは、皆さん ご存じだと思います、オカリーナも例外ではありません。

演奏していますと、手に汗をかきます。
表面が、つるつるすべすべに見えても、表面に何も塗っていなかったり、塗ってあっても、それが素焼きの呼吸を妨げていなければ、 汗を適度に吸ってくれます。
汗で、手がすべってオカリーナを落としそうになるということは、少ないと思われます。
呼吸を妨げるほど たくさん塗ってありますと、汗をかきますと手がすべって落下する危険が増してしまいます。

オカリーナの紐が話題になっておりますが、
紐通し穴のついているオカリーナをお使いの方は、紐通し穴のないオカリーナを、
紐通し穴のないオカリーナをお使いの方は、紐通し穴のあるオカリーナを
ぜひ、試奏してみていただきたいと思います。
出来れば、それぞれを数種類ずつ・・・試奏してみてください。

紐なしオカリーナは、紐ありオカリーナよりも 落下の危険が大きいのかどうか?
紐ありオカリーナは、落下の心配をせず、安心して演奏できるのかどうか?
検証していただきたいと思います。

吹き比べていただけば、紐は本当に必要なのかどうか?
紐通し穴がついている理由も、自ずから おわかりいただけるのではないかと思います。

紐の有る無しに関わらず、音楽の流れを妨げることなく演奏できるのが、本当に良い楽器だと思います。
紐があるから、(すべらないけど)安心して演奏できるオカリーナ
紐があっても、(すべりそうで)手から落ちるのが心配なオカリーナ
紐が無いので、(すべりそうで)手から落ちるのが心配なオカリーナ
紐が無くても、(すべらないから)安心して演奏できるオカリーナ

さぁ、あなたなら どのオカリーナを選びますか?


投稿者:るびい 2003/10/30(Thu) 08:44:30
紐付きのオカリーナ、私もペンダント風のが2本、普通のソプラノF管を1本もっています。
私は、演奏の時に紐が気になるので紐はつけません。教室使用のものも紐付きではありません。
逆に紐通しの部分がオカリーナの重さでとれてしまわないだろうかと心配です。
大切なオカリーナ、一番信用できる、自分の手で持つのが一番かなと思っております。頼るものは自分だけですから慎重になります。
・・・それでも落とすことはありますが・・・。

どんなことも、これで無ければいけないと言うことは、ないと思います。自分にあった方法、自分の好きなものを選ばれるのが  一番いいのではないでしょうか?


投稿者:パンクのぞう 2003/10/30(Thu) 22:10:45
以前、漆塗りのオカリーナを見たこと(触った)があります。
滑りませんでしたけど、楽器と言うよりは装飾物・・あ、そう言えば どこかの展示用と言っていました。

私の使っているオカリーナにも 紐を通す針金がついているものがあります。紐は使っていませんが。
金管楽器や、木管楽器の中で 首から下げているものを見たことがありますが、 あれは指だけでは 楽器の重さに耐えられないからですかね。


投稿者:ともこ 2003/10/30(Thu) 22:12:57
他の人が持っているオカリナに、紐とおしがついて、首からぶら下げているのが、私もずーと疑問だったのですが(私のオカリナにはありませんでした)、 今回の管理人さんの説明でよく分かりました。なるほど、自分のオカリナに紐がついてないからといって、悩まなくていいんだ(笑)。
もちろん私も・・・(すべらないから)安心して演奏できるオカリーナを選びます。落とさないように大切にしながら・・・。


投稿者:ひよこ 2003/10/31(Fri) 09:03:30
管理人さんの説明で素焼と結露の関係良く解りました、有難うございます。
凛は、解らない所で良く気を配っておられるのですね。その他の事でも、同じく細心の気配りがあることでしょう。

紐通し穴の楽器は、始めてオカリナ(オカリナ風おもちゃ)を触った時は、なるほどと思いましたが、今は全く使わないですね。
でも、最初は持ち方も解らなく 落とす危険があり、有れば安心しましたよ。


投稿者:ポー 2003/11/01(Sat) 01:02:44
今頃、ふっと思い出したのですが、紐を付けたオカリナは、紐を、腕にくぐらせて演奏するのだと聞いたことがあります。
実際、そのように演奏をしているのを、見たことはありませんが・・・。
そう言う方も、いらっしゃるのかなーと思いました。


投稿者:管理人 2003/11/01(Sat) 08:18:28
ポーさん>紐を、腕にくぐらせて演奏するのだと聞いたことがあります
ポーさん、「こうしなければいけない」と言うことは、ないと思います。

制作する側の、紐をつける理由も様々でしょう。
「表面がすべりやすいから落下防止に・・・」
「よそのオカリーナがつけているから・・・」
「紐が綺麗 ファッション性があるから・・・」などなど・・・・

使う人も
「紐があると安心」
「紐は邪魔」
「紐が綺麗」
「紐通し金具が、オカリーナ本体から抜けて、オカリーナが落下しないか心配」 
などなど・・・いろいろ考えて買うでしょうし、

買った後も、
「ネックレスのように下げる人」
「脇まで通す人」
「手首に巻き付ける人」
「紐を通さずに使う人」
「ついていた紐さえ、はずしてしまう人」 などなど 様々でしょう。

楽器と言っても道具です、オカリーナの運指が自由なのと同じで、各自が使いやすいように工夫すれば良いと思います。


【16.9.4 オカリーナほうむぺえじ管理人】


★オカリーナについてのご意見 目次へ

★サイトマップへ