基礎が大事!

投稿者:春山音児 2005/01/02(Sun)
以下の内容は、管理人さんに宛てたメールの一部です。管理人さんは、私にとっては師匠と思い、勝手に私淑していますから、結構それに甘えて、 本音でお話しできるのですが、大してオカリーナがうまいわけでもない私が、多くの皆様に偉そうなことを書くのは掲示板という性格上、遠慮があったのですが、 管理人さんから背中を押されたので、思い切って載せました。ご意見をいただければ幸いです。
昨年の暮れに、高校生の和太鼓の大会に招かれ、拝見する機会がありました。全国大会の出場権を競う大会でした。
全部の学校の演奏が終了後、審査員であるプロの太鼓演奏家の方が講評の中で、「曲の練習がメインと思われる学校が多い。もっと基本練習に時間をかけるべきです。 日頃、曲を練習しているプロは、一人もいません。」と言っていました。
また、彼は、「多くの学校が、自分たちの音、自分たちのリズムを創っていない、君たち、そんな演奏で楽しいか?」とも言っていました。

なるほどな、と思い知らされた気持ちでした。オカリーナでも同じことが言えそうです。楽譜を追いかけ、ただ曲をこなしているだけなら、単なる「お稽古」であり、モノマネかも知れませんね。 音を磨く事に精進しようと思ったのは、こんなきっかけからでした。

投稿者:管理人
春山さん、書き込みをありがとうございます。
管理人も、自分では気がつきにくい 皆さん共通の問題だと思いましたので、お願い致しました。

管理人は、「何か楽器がやりたい」という思いを、長年 胸に秘めておりました。
オカリーナと出会い、運指を覚えると、うれしくて、童謡・唱歌などの曲集を買ってきて、片端から吹きまくりました。
皆さんも、多かれ少なかれ、似たような経過を踏んで、ただいまがあるのではないかと推測致します。
運指さえ覚えれば、音域の はみ出さない曲なら、魔法にでもかかったように何でも吹けちゃうのですよね。

しかし、これがオカリーナの落とし穴です。(笑)
自宅で、一人こっそり吹くだけでしたら、魔法にかかったままでも 良いかも知れません。
しかし、吹けるようになれば、じきに、「人に聴いて貰いたい」、「人と一緒に演奏したい」と思うようになります。 オカリーナを始めた事を聞きつけた人から、「演奏を聴かせてくれ」と言われるようになります。

果たして、指が運指通りに動けば、それで良いのでしょうか? ちゃんと音楽になるのでしょうか?
魔法にかかったような演奏(自己流の演奏)でも、まぁ、それなりに うまい人はいます。
習わなくても、歌のうまい人がいるのと同じでしょう。
でも、大半の人は、そんなうまい具合には いかないのでは、ないでしょうか?

楽器という媒体を使った演奏が、その楽器を生かす演奏方法の習得(基礎練習が不可欠)、音楽的な表現についての練習、なしで、上のレベルにいけるでしょうか?
レパートリーが多いことを、自慢される方がいらっしゃいますが、レパートリーが多いことは、自慢するようなことでしょうか?
指が動く程度のレベルで良ければ、レパートリーなどいくらでも増やせるでしょう。

いたづらに練習曲を増やさず、1曲とじっくり対峙してもらいたい。
「この曲なら、誰にも負けない!」と言うくらい、突き詰めて貰いたい。
平成17年1月15日(日)開催の「ながめオカリーナフェスティバル」は、こんな管理人の願いも込め、開催に踏み切りました。
出入り込みでたった8分の演奏ですが、出演申し込みの早い方は、7月下旬から演奏曲の練習に入っております。
演奏曲がなかなか決まらなかった方でも、11月中旬から練習に入っております。

50の質問に、「22.練習は基礎練習(ロングトーン・スケールなど)から始める? すぐ曲を吹く?」という質問があります。 すぐ曲を吹くという方 多いですね。
ロングトーンの大事な事!(一つの音を、ピッチをぐらつかせずに真っ直ぐに長く吹く、ロングローンの第一声から、その日の楽器の調子 自分の調子を知る)
スケールの大事な事!(指がドレミになっていても、音程がドレミになっていない事多し)
リズム、テンポの大事な事!
「初心者」の時期を過ぎたら、認識して欲しいです。

50の質問で、メトロノームは持っているけど、使っていないという方がいらっしゃいます、なぜ使わないのでしょうか? もったいないことです。
足バタバタのマイフットメトロノームは、自分の都合で、知らず知らず テンポが変わるのです。 曲を歌ってテンポがゆれるのと、苦手な箇所を吹き急いだり、逆にうまく吹けなくて遅くなったりするのは、違います。 拍子ごとに、チーンと鳴らして、小節線を合わせないと、いつの間にか1拍ずれても、ご本人は気がつかないのです。

基礎がしっかりできませんと、良い演奏ができないだけでなく、良い楽器を手に入れても、吹きこなすのは、難しいでしょう。 自分の音色が出せ、人まねでない演奏ができるのは、こういう一連の過程を経た後のことではないかと、私は思います。
アンサンブルは、個々のメンバーのレベルアップが図れないと、アンサンブル全体のレベルアップは望めなでしょう。 「みんなで渡れば怖くない」は、音楽には通用しないのです。(爆)

指導者がいる学生の大会であっても、春山さんが書かれたような状況が指摘されました。 練習時間の少ない社会人のオカリーナは、、なおさら 自覚して基礎練習に努めなければならないと思います。 水泳前の準備運動、やらなければ、心臓麻痺、足のけいれんを起こすと思い、曲の練習前に基礎練習を致しましょう。(笑)

投稿者:銀座のかもめ
基礎が大事、、オカリーナも歌も絵も。その他いろいろ相通じますね。 人として、イッチョ前に生きるにも同じだと思います。
私は、歌系のお仲間も多いですが、レパートリーの多さが自慢の方は、大体何を聴かされても 心に残るものが少ないですよー。
管理人さんが仰る通り 「この曲を吹かせたら誰それだぁ〜〜〜」なんて、端に囁かれるようになると素晴らしいことだと思います。

投稿者:春山音児
銀座のかもめ☆さん、ありがとうございます。
何か打ち込めるものがあるっていいですよね。
人としてイッチョ前に生きることも、私などには、遠い道のりです。今日はイッチョ前と思っていても、明日はやはり半人前なんて事の連続ですから。
でも、レパートリーの多い人は羨ましかったりして・・・やはり。
てな、毎日です。オカリーナだけは、長く続けたいです。

投稿者:管理人
かもめママ>レパートリーの多さが自慢の方は、大体何を聴かされても 心に残るものが少ないですよー。
きっと、そう言う方は、器用な方なのでしょうが、器用さを振り向ける方向が、ちょっと違うのかも?

投稿者:スクナヒコ
春山さん、はじめまして。わたしもお邪魔させてください。
かもめママ>基礎が大事、オカリーナも歌も絵も。
ホント、そうですね。わたし、オカリーナ習い始めてから、自分が吹く曲が、まるでデッサンのなってない肖像画のようだ・・・と、すごく落ち込んだことがありました。(今もよくそう思います。) 美術では、基礎としてよくデッサンやスケッチが挙げられますが、音楽では何なのだろう?この年から身に付く物かな???・・・なんてね、連れ合い君にグチったりしましたっけ。。。
わたしも♪ 「好き」の一念で、ボ〜チボ〜チやっていこうかと思っています。

投稿者:ピンクのぞう
春山さん、管理人さん、か な り 遅れて失礼致します。
私が 吹奏楽でクラリネットを始めた時は 3ヶ月間マウスピースだけでした。
また 器楽部でコンクールに出たときは 1曲を約1年間練習しました。曲の最初の音 休符 休符の後の発声のタイミング 八分音符一つに、 それはそれは 時間をかける先生でした。
また現在習っている笛の先生は 結局は本人次第だということを おっしゃったことかあります。
そして どこでだか忘れましたが 2重奏なら独奏の2倍、3重奏なら3倍の練習が必要だと・・・

今はCD付きの楽譜も沢山でております。
・・・けっこう難しいですよ。いかに自分勝手なリズムや吹きやすいテンポで吹いていたか愕然とします。

皆さんがおっしゃっているように 基礎は大事。と実感しているこの頃です。
そして愛。オカリーナが好き→好きだから吹く→上手くなる

投稿者:管理人
ピンクのぞうさん>3ヶ月間マウスピースだけでした。
管理人も、フルートをはじめたとき、頭部管だけで何ヶ月・・・っていわれましたが、(先が短いから??)促成栽培になっちゃいました。
>1曲を約1年間練習しました。
うんうん 一年くらいつっつかないと、うまくいきませんねぇ

>曲の最初の音 休符 休符の後の発声のタイミング 八分音符一つにそれはそれは 時間をかける先生でした。
具体的で、とてもわかりやすい指導でしたね。
すぐ、そのとおりやるのは、難しくても、自分の動き方が理解できないと、出来るようにはなりませんし、他の曲に応用も効きませんね。

>2重奏なら独奏の2倍、3重奏なら3倍の練習が必要だと・・・
そうですよね、よく一口に「心を合わせて・・」とか「心を一つにして・・」なんて抽象表現をする人がいますが、 「手なら、いくらでも重ね合わせられますが、心なんて どうやってあわせんのよ。自分の心だけでもコントロール出来ないのに、どうやって人の心と一つに出来んのよ」と思う、へそ曲がり管理人

つい、「オカリーナが楽しい」ということが先行して、オカリーナを使ってやっているのは「音楽」だということが、置き去りにされがちです。
このことを、時々は思い出して、原点に返っていただきたいと、管理人は思います。
春山さん、話題提供、本当にありがとう〜♪
また、原点返りの話題提供、待ってます〜

【17.6.4 オカリーナほうむぺえじ管理人】


★オカリーナについてのご意見 目次へ

★サイトマップへ