日時:平成16年4月24日(土)〜25日(日)
会場:くろよんロイヤルホテル(長野県大町市)
内容:PM2時半〜5時 管理人作「Ocarina 凛」試奏会
   PM5時〜6時15分 交流会(自己紹介演奏)
   PM6時半〜8時 フランス料理による夕食会
   PM8時〜10時 アンサンブル大会
            アトラクション=フルート、ティンホイッスル演奏、マジックショー他

当館初めての宿泊交流会! 管理人は前日23日に長野駅から特急バスにて大町入り致しました。
左の写真は、美麻村新行(新行蕎麦で有名です、水車小屋が写っていますね)から眺めた北アルプス、雲がかかっておりましたが、雪山と桜と水車は、絵になります。
特急バスの車窓からの撮影しました、バスは停まらないので撮影たいへ〜ん!

管理人 24日のお昼に十割蕎麦を食べに、この撮影現場まで連れてきていただきました。「美郷」という有名なおそば屋さんが、ちょうどこの反対側なんです。
美しく咲いていた大町の桜はこちら


←このお店の窓から、上の景色を見ることが出来ます。前日に、車窓から、カメラレンズを通して眺めたのと同じ風景を眺めながら、おいしいおそばをいただきました。偶然とはいえ、とても不思議な気持ちになりました。

今回は、北海道、福井県、富山県、神奈川県、東京都、茨城県、岐阜県、大阪府、山口県、広島県、滋賀県、石川県そして長野県の一都一道一府十県からお集まりくださいました。
凛試奏中 凛アンケート用紙を片手に、試奏中の皆様

試奏用として
ピッコロC管5本
ソプラノF管7本
アルトC管10本
アルトF管2本
市販型1本
一人アンサンブルが出来るもの1本
計26本 ご用意致しました。
凛試奏中

オカリーナは焼き物ゆえ、1本1本に個性があり、微妙に異なります。
交流会では、皆様は凛アンケート用紙を片手に、1本1本吹いては、吹きやすいかどうか、気に入ったものがあるかどうか チェックしていきます。
どれが1番人気か? 
人気は1〜2本に集中するか? 
全体に分散するか?
それは管理人の意見と一致するか? 

今後の制作の参考になりますから、管理人 興味津々!
試奏終了後、アンケートを回収致しますと、管理人は、ユーザー予定の方のお気に入りNOを、素早くチェック!
複数の予定者が同じものを選んだら困るのですが、ラッキーな事に、そんなこともなく、ユーザー予定の方全員に、一番のお気に入りをお持ち帰りいただけました。
吹きやすいと思われるものは様々、だからこそ、試奏が大事だと思います。
「凛の提供は、原則手渡し!」と管理人が言うのには、いくつも理由があるのです、おわかりいただけますでしょうか?
交流会と、ユーザー予定が重なった方は、ラッキーでしたね。
凛を慈しんで欲しいからこそ、ご自分の手で、一番のお気に入りを選ばせて差し上げました。

アンサンブル 午後5時から交流会が始まりました。
まず、参加者の自己紹介&演奏です。
プログラムをクリックしますと、大きな画像のページに替わります。

人前でのソロ演奏は初めて・・・という方も、何人かいらっしゃいました。
面接試験?を受けるかのように緊張されたとか・・・
大人になりますと、ドキドキすることって、なかなか無いですね。ごく内輪の愉快な仲間たちの中でのドキドキ! 良い思い出となったことでしょう。
市販型を用いた11穴オカリーナと『丸いオカリーナは音色が良い』という人がいますので、本当にそうか?と 左側部分を丸く太らせた凛、通常の型で作った凛、計3本の吹き比べを行いました。(いずれも同じ粘土を用いて管理人が作りました。)

ただいまその説明中! このあと、皆様にどのオカリーナを吹いたか見えないように後ろを向いて、持ち替えながら1曲演奏致しまして、 何番目のオカリーナが一番良かったか?お聞き致しました。
結果は、市販型3票、丸型6票、通常の凛12票 明らかに音色に差が出たようですが、丸形が、特別音色が良いという訳でもない・・との結果になりました。。
お夕食は、地元食材を使ったフランス料理のフルコース!!
お飲み物も、乾杯はホテルオリジナルワインの「日向山」(ひなたやま)、地酒で「大雪渓」「白馬錦」の他に、 黒部の氷筍水で作った地ビール(黒ビール)も有り、美味しかったです。
緊張の自己紹介演奏は済んでおりますから、お料理もお酒も、おいしくいただけたことと思います。
窓の外には、季節はずれの雪が降りだし、まるで幽玄の世界!
交流会終了後には、雪見露天風呂が味わえました。

お食事が済むと、交流会夜の部です。
オカリーナアンサンブルや、 アトラクション演奏、マジックに見入っている皆様

かねてより、ご要望の多かった アンサンブルを行いました。
参加者間で不公平の無きよう、他の参加者の方と少しでも多く交流していただくよう、 お友だちとご一緒に参加の方、グループ参加の方は、演奏していただく曲、パートをバラバラにいたしました。
実質30分程度の合わせ練習でしたが、どのグループも、今日初めて顔を合わせた人で、ついさっき合わせ練習をしたばかり・・・とは、 とても思えない息の合った演奏!!

このグループの曲は、「ひらいたひらいた」
参加者の皆様の手で、オカリーナの大輪の花が咲いた春爛漫の大町
まさに今日にふさわしい曲
リコーダー用にアレンジされた 楽しい曲でした。
アンサンブル
たくさんのマジック道具を担いで、ご参加くださった ひよこさんによるマジックショー
マジック・マンドリン・オカリーナと多趣味のひよこさんですが、マジックが一番お得意とか、さすが!のテクニックを見せていただきました。
管理人は、マジックの邪魔にならないように・・・種を覗かないように・・・、離れたところで、BGMをやらせていただきました。 曲は、マジックの進行に合わせられるように、 終わらない?!曲=ホント!このままずっと、終わらないかと思いました。(爆)
(曲名はプログラム参照)



楽しい時間は、あっという間に過ぎ去りました。
皆様にお会い出来た、今日という日は終わり、明日はもうお別れですが、大町での楽しい思い出は消えることなく・・・
またいつの日か、どこかでの再会を約し、「今日の日はさようなら」を全員合奏して、交流会は終了致しました。

プレゼントされた寄書き時計
我が家で時を刻みます

笑顔、笑顔、笑顔・・・そんな、参加者の笑顔に囲まれた和気藹々の交流会が「オカリーナ交流会 in 安曇野」でした。

15年の10月、大町在住の当館常連様から、交流会企画書が届きました。
ホテル側でも、この交流会に全幅のご理解を賜り、宿泊料金及び会場費に付いて も、それなりのご協力をいただけるとの好条件!
当館常連様にアンケート致しましたら、ご参加を検討してくださる方多数のため、初めての宿泊交流会を思い切って実施することに致しました。

募集人員は24名、開催時間が長く、会場は広いため、もっと多くご参加いただけるのですが、『申込者全員が、常連様として管理人が認識しておらない方』という可能性もあり、 今までの交流会の経験から、個々の参加者に、管理人が目配り気配り出来る限界人数として、24名に致しました。
結果は、交流会参加2度目3度目4度目という方も8名いらっしゃり、また、申込みではじめてメールをくださったという方も、何人もいらっしゃいました。

ホームページも、オフラインのお付き合いと何ら変わりなく、新しいお友だちが出来たり、より親しくなったり、いつの間にか疎遠になったり・・・と致します。 管理人のホームページ(掲示板)運営方針と致しまして、どちらにも片よりなく・・・と考えております。
固定した親しい人だけでやりとりしている掲示板、反対に固定した常連さんがいない掲示板 どちらも管理人の望む掲示板ではありません。
管理人の理想は、仲間に入りたいと思ったら、どなたでもちょっとの勇気で仲間入り出来る掲示板、ちょっと都合で離れていても、戻ればすぐ、書き込み復帰出来る掲示板! そんな気安い掲示板! しかし、他人を尊重し、礼節(マナー)を、きっちり守る掲示板!です。
これには管理人だけでなく、日頃書き込みくださる 常連様方の人を思いやる心の広さ、懐の深さが必要です。当館は、常連様方のおかげで、管理人の理想路線を歩んでおると自負しております。

日頃の掲示板でのやりとりが、交流会では実を結びます。
掲示板で、日頃からおしゃべりを楽しんでいる書き込み常連様方はもちろん、実際にお会い出来た感激もひとしおの事と思いますが、 掲示板が、いつも、どなたにでも、オープンに開かれていれば、たとえ、書き込みしていなくても、書き込みしている常連様と 変わりなく、参加者とうち解け、楽しむことが出来ると思います。
参加者の皆様の、交流会中のうれしそうな、とっておきの笑顔を見て、管理人はこれを確信致しました。

皆様揃って、終始、ああニコニコとうれしそうなお顔を見せられますと、主催者冥利に尽きるというものです。
こんな素敵な企画をしてくださり、至れり尽くせりのお世話をしてくださった高橋様に、感謝感謝の管理人です。



 そこで、高橋様に 心ばかりの花束を贈呈致します。(笑)


<メール及びアンケートで寄せられた参加者のご意見・ご感想>
Aさん: すばらしい北アルプスの山々、おいしいお料理、雪見露天風呂、 オカリナを愛する方々との出会い、 そして、なによりも、管理人様の演奏と、凛の音色を生で実感できた ことが、とっても幸せでした。有難うございました。
Bさん: 沢山のオカリナ愛好者の方とお話が出来、管理人 さんの素敵なオカリナが聞けたり、お土産までいただき、ありがとうございました。とっても吹きやすく 良い音 が出たF管が忘れられません。
Cさん: 1人で吹いていても分からない事だらけで、何も変わらないけれども このような場 に参加する事で 気持ちに区切りが着くと云うか 新たな気持ちになります。試行 錯誤しながらですが、次のステップに進めたらと思っています。
凛 を試奏するのは 2回目ですが 1回目は西も東も分からない初心の時だったので  あまり違いがわかりませんでしたが 今回は 自分の耳で聞き比べることが出来たと 思います。 凛 の音色の綺麗さ 吹きやすさ 素晴らしさを 痛感するばかりでし た。
Dさん: 「遠くの親戚より近くの他人」と言う諺が有りますが、同じ 道にご趣味をお持ちの皆様のネットでの繋がりが、こんなに身近に 親密な出会いが出来 るとは、夢にも思って居りませんでした。 本当に「和気藹々」とは こう言う事を言うのでしょうか。初めてお目に掛かる人でも、胸に付けたネームプレートで、 お名前を呼び合ったり、 オカリーナ凛については、熱気ムンムンの試奏会やお話し合いができ、お逢いして30 分も経たない内に 身内の様な気がして来て、誰とでも親しく接する事が出来ました。
夕食時には尚の事、プライベートの事柄やオカリーナの悩み事相談までが、会話の中 に飛び交いまして、本当に想像以上のコミニケーションができた事と、感心致してお ります。
ソロ演奏も結構でしたが、究極的にはホンの短い時間の打ち合わせで、初対面の皆様 が各組に分かれての、アンサンブル演奏、立派でしたね。感動しました。
Eさん: オカリナと水仙と名残桜と雪とアルプスと。今帰ってきたところです。あまりにきれいなところなので皆さんより1泊延長で木崎湖に足を伸ばし、 風に吹かれながらスケッチをしてきました。
生で、皆さんのオカリナを聞かせていただき オカリナの本当の良さに気がつきました。やわらかな産着をきて、 母親の胸の中で歌を歌っているような、やわらかな音色、飾らない心の交流が産まれる音、、、 今まで、ちょっときつい吹き方を していたなと反省しています。初めてにもかかわらず、幼馴染だったかのように接してくださいました皆様にも感謝でいっぱいです。
Fさん: 初めてお会いした方でも、オカリーナという共通の話題、 管理人様を中心として 集まった皆さんということで、同窓会のような とても懐かしく、暖かいひとときを過ごさせていただきました。 一泊でしたので、ゆっくりと 普段は遠くて会えないような方とも会えて、嬉しかったです。
アンサンブルも、とても楽しかったです。 当日まで、どんな方と演奏するのかなあ。とわくわくしておりました。 一緒に 何かをするというのはいいですね。普段はできないことができて、ホントウに楽しかったです。
くじ運の悪い私としては珍しく、沖縄の方の手作りのお花が くじ引きで当たりました。 早速、テレビの上に飾っております。どうぞ、よろしくお伝えください。
※交流会に申し込んだものの、ご都合で参加出来なくなった沖縄の方が、皆様のおみやげにと、手作りのお品とお菓子を ホテル宛に送ってくださいました。 お菓子はティータイムにいただき、手作りのお品はくじ引きをして、皆様にお持ち帰りいただきました。おやさしいお心遣いに感謝!=管理人
Gさん: 想像以上に楽しく,充実した時間を過ごす事が出来ました。 本当に本当に有難うございました。
管理人さんに会えたこと、凛の演奏を聴いてもらったこと、 管理人さんの演奏を聴くことができた事、 掲示板の皆さん方にお会いできた事 又一つ、目標と楽しみが増えました。
交流会が終っても、まだ楽しかった余韻がいっぱい残っています。 初参加の交流会でしたが、宿泊交流会と言う事で参加者の皆様と、とても楽しくゆっくりと集う事が出来ました。最高でした。 温泉にも入れましたし。遠くから参加するものにとっては、宿泊交流会は参加しやすく楽しむ事が出来ました。
交流会の自己紹介曲も エンディングの曲演奏も とてもよかったです。 一番良かったのは、行き当たりばったりのアンサンブル! 行くまでは不安でしたが、行って、皆さんと練習始めた時から わくわく・・・楽しかったです♪ 管理人さん、本当に有難うございました♪
Hさん: たくさん並んだ凛に、ため息が出てしまいました。 凛はどれを聞いても優しい音色でした。 管理人さんの演奏も、とても優しくて、ふわっと心に染み込んでくる感じがしました。 管理人さんの吹く凛の音色が、一番感動的でした。 もっと、ずーっと聴いていたかった。 でも、あこがれの管理人さんの演奏を聴けただけで、充分幸せです♪
交流会にいらしていた皆さまは、本当に魅力的な方ばかりでしたね。 どの方も多才に活動されて、たくさんのことを吸収させていただきました。 優しくて楽しい雰囲気は、掲示板からそのまま交流会場に移ったようで、 知らない人の中に入るのは、とっても苦手な私ですが、 懐かしいような居心地の良さに、もっともっと時間が欲しいくらいでした。 またこのような交流会があることを、切に望みます。
たとえ出席できなくても、あぁ、みんな楽しんでいるなぁ、喜んでいるなぁと HPで一緒に共感できることも、嬉しいことです。 これからもたくさんの方が凛に出会え、素敵な人と出会える交流会は、とても貴重だと思いました。 でも、また行きたいなぁ・・・。
帰ってきてから主人に、交流会の話をしました。 「遠いところから、オカリナのために、そんなに人が集まるものなの? 管理人さんって人が凄いんだね。惹きつけるパワーのある人なんだねぇ。」と言っていました。 本当にそう思います。オカリナには、全然興味を持たない主人ですが、 今回、旅行に出してくれて、「楽しんで来れてよかったね。」と言ってくれたのが とっても嬉しかったです。 私のわがままを聞いてくれて、快く送り出してくれた家族に感謝しています。
Iさん: たくさんの種類のオカリナを吹く事が出来て、うれしかったです。 私も、凛のユーザーに是非なりたいと思いました。 私のオカリナは、高音がかすれてしまい、聞き苦しい音になってしまいます。 凛は、とても高音がきれいに吹く事が出来て 吹いていて気持ち良かったです。
Jさん: 交流会 本当にお疲れさまでした。交流会の感想ですが 想像していた以上にアットホームな雰囲気で、みなさま初対面にも関わらず、 打ち解けていたのには びっくりしました。まず驚いた事なんですが、交流会の会場が思ってた以上に広くて立派だった事です。 ドアを開けて 会場に入ったとたん、腰を抜かしそうになりました。(^O^) 私が来た時は もうすでにみなさま 自己紹介の曲や グループでアンサンブルの練習をされていました。その事も少し手伝って、試奏の方がちょっと集中できなかったです。 (静かでも同じだったかもしれませんが…f^_^; )それから一番強烈に感じた事は、大勢の前で何かをする事は、 私にとっては、それはそれは とてつもなく上がる事を再確認しました。少しずつ人前で吹く練習しなくちゃいけませんね。
Kさん: 今日は妻に連れられて参加しました。大変楽しかった。食事も大変おいしかった。
Lさん: 楽しく内容の充実した素晴らしい交流会でした。 参加できたことを、心から喜びとするところですが、その企画から準備そして事後処理 まで、労を惜しまずご尽力された、高橋様並びに管理人様には、改めて感謝の意を評する 次第であります。 本当に有難うございました。 良い企画は、皆が楽しいです。
今回のような 時間に余裕のある交流会を、開催地を変えながら、回数を重ねていけたら最高ですね。
Mさん: 参加申し込みから、二ヶ月余りの充実した日々、オカリナデビューは 散々でしたが、とても楽しく あっという間の一日を過ごさせて頂き 本当にありがとうございました。 オカリナ凛の良さもさることながら、良い物しか出さない、 ユーザーさんに合った物しか提供しない管理人さんの姿勢に 感動し、惚れ直しました。(面と向かっていえませんが)
管理人さんの使用楽器は、傷物(音色は良かった)とのことでしたが、 管理人さん(奏者=製作者)の求めている最高の音色も 聴いてみたい気がします。 それから、ユーザーさん達の演奏会などもあれば良いですね (自分で企画しないとダメかな?) 最後になりましたが、お体に気をつけて ますます素敵な凛を作ってください。
Nさ: 夜8時過ぎに到着。駆けつけ1曲。 みなさんの温かい歓迎に感謝。沖縄と北海道のお菓子付き。 国宝級のかわいい工芸品付きだものね。 忙しいときにこそ、オカリーナを愛する人の爽やかさが嬉しい!
Oさん: 期日の決定が早かったので、予定がたてやすかった。 会場は、オカリナにぴったりの 自然に囲まれた開放的な気分になる気持のよいところ でした。 名札にハンドルネームも入れたら、盛り上がりが早かったのか? 誰だろうと推理するのが良かったのか?
アンサンブルが全員参加でなかったのは、管理人さんの優しい心ずかい。 ありがたかったです。心のゆとりが出来て楽しめました。 (自己紹介の演奏だけで、シニソウデシタ!) 人との出会いの素晴らしさを、あじわえました。
Pさん: 3回の交流会に参加させていただきました、最初のときは、なにを・どうしていい か判らず、あっという間の時間切れとなってしまい、2回目は凛ユーザーと成ら せて頂き、なんとなく交流会の雰囲気もわかったように思っていました。
今回は、宿泊交流会ということで、初対面の方々とも ずーと以前からの友人で あるかのように ゆっくりいろいろとお話しすることができました。これはオカ リーナを通しての交流だからでしょうか?
今回 何本もの凛を試吹させていただき感じたことですが、これまで2回試吹させ ていただいたときより、多くの息を入れて吹ける凛が、何本か見られたように思い ました。弱い息で吹けるのもいいと思いますが、私は少し息が多いので強く吹き 込めるほうが良いと思っておりました。 ただし、私が言うようなことではありませんが、強く吹き込める楽器は、吹きこな すのが大変だと思います、それでも吹いていくと徐々に良くなっていく楽器が良い楽器だと思います。
Qさん: 4回目の交流会でしたが 今回の安曇野交流会が1番リラックスした 笑顔の 交流会でした。
こんなに、全国からオカリナを愛する仲間が集まったのは、本当に吃驚で最高でした。 静かな観光地での宿泊は落ち着きますね。企画の高橋さんに大感謝です。 凛もたくさん 用意していただき、皆さんの真剣な顔が印象的でした。 また 皆さんの和気あいあいとした演奏と 管理人さんの凛の演奏に酔いしれました。 有難うございました。
Rさん: 自己紹介での演奏を聞いていると、とても綺麗な音色で吹かれてる方が何人かおりましたが、皆さん凛だったのです、驚き後、納得!
今回、凛を試奏して感じたのですが,凛が皆少しずつ違うということでした、 音色、歌口の形、トーンホールの位置、大きさ、息の強さ等など、どれが良いと言う のではなく 人それぞれの好みによって、その人にとっての最高の楽器が選ばれるのだと思いました。

平成16年5月8日


★オフライン交流のページへ

★サイトマップへ

★フロントページに戻ります