音楽著作権ミニ知識(1)


オカリーナが年々盛んになり、プロ奏者のコンサートの他に、アマチュア主体の発表会、演奏会、フェスティバルも増えました。
ホームページで、オカリーナの音色を聴くことが出来るようになりました。
そこで、私たちがオカリーナを楽しむ上で、音楽を正しく利用するために、音楽著作権について、整理してみました。
発表会・演奏会での使用についてはこちらをご覧下さい


【ホームページと音楽著作権】

★ホームページに歌詞や楽譜を掲載する場合、メロディを流す場合、著作権の使用許諾申請手続きが必要です。
★ホームページ管理者自身の演奏を録音したものであっても、MIDIデータであっても、手続きが必要です。
★著作者には、自分の生み出した著作物の 「そのままの形を守る権利」 があります(著作者人格権)。
従いまして、替え歌、編曲の公開は、著作者本人の了承を得た上、原曲の権利に基づいたジャスラック等への手続きが必要になります。

早い話、ホームページやブログ で やってはいけないこと

▼自作曲と著作権の消滅した曲以外のメロディを、ホームページで流すこと数小節でもダメ!  自分の演奏でもダメ! MIDIデータもダメ!
▼自作曲と著作権の消滅した曲以外の楽譜を、ホームページで公開すること。数小節でもダメ!
▼自作の詩と著作権の消滅したもの以外の詩や歌詞を、ホームページで公開すること。数行もダメ!

なお、ジャスラックの許諾を受けますと、「許諾マーク」が発行され、許諾番号とともにトップページに掲示することを指示されます。
著作権者(作詩者・訳詞者・作曲者・編曲者など)没後50年が経過していない曲が公開されているホームページで、この「許諾マーク」が トップページに掲示されていない場合、無許可・著作権侵害という恐れがあります。
※外国作品の場合、戦時加算が加わり、およそ10年延長されている場合があります。
※著作権が消滅しても、著作隣接権などが存続している場合があります。公開する前に著作権以外の権利も調べましょう。


詳しくは、社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)
著作権が消滅しているかどうかも、作品データベースで調べられます。
著作権の管理委託事業者は、ジャスラックの他にもありますここをクリック、委託せず著作者本人が管理している場合も あり、この場合 著作権者本人に使用許諾を受ける必要が有ります。


<著作権法罰則規定>

10年以下の懲役 または1,000万円(法人の場合3億円)以下の罰金に処せられます。」 
このほかに著作権者には、著作権侵害に対する差止請求権や損害賠償請求権があります。
「著作権侵害は、単なるルール違反ではなく、犯罪です。」と、ジャスラックのホームページ書いてあります。


発表会・演奏会での使用については、こちらをご覧下さい

オカリーナほうむぺえじ管理人】


★オカリーナワンポイントアドバイス 目次へ

★サイトマップへ

★ホームに戻る