オカリーナ・ワンポイントアドバイス


オカリーナを買いました・・・そのあとは??
さぁ、あなたのオカリーナが決まりました。
やっと手に入れたオカリーナです、かわいがって吹いてあげてください。
良いオカリーナは、あなたの演奏技術の向上に伴って、音色もより美しく変わり、良く歌ってくれます。 こういうオカリーナを音楽ができるオカリーナと言うのだと思います。

♪管理人によく来る質問
「オカリーナが音痴なような気がするのですが、吹き方が悪いのでしょうか?」
「高音が良く出ないのですが、不良品でしょうか?」
「CDのような音が出ないのです!」

CDは、録音後に音を美しく加工してあることがあります。録音したまま・・・何も手を加えないで 出している人など、いないのではないでしょうか?
こういう技術は素晴らしく進歩しているのです。 カラオケのように、マイクを使ってエコーでもかけたら、あなたの音色も美しくなるかも・・・ね。

こういう心配をするのは、だいたいが初心者で独学の方です。粗悪品が出回っていると言うことが認識されてきたので、 それはそれでとても良いことだと思うのですが、疑心暗鬼になっては、せっかくの楽しみが 半減してしまいます。

買ったら、このことは忘れて、半年くらいは、ただひたすら吹き続けてください。
あなたの演奏技術が上がれば、オカリーナが粗悪品・不良品であれば半年のうちに自ずと判明します。
ある程度吹き込まないと、そのオカリーナ本来の音色を出すことはできません。
そのオカリーナに適した、吹き方を会得できません。

最低半年間は、そのオカリーナ1本だけを吹きなさい。たくさん買い込んで、あっちのオカリーナ、こっちの オカリーナと吹いてはいけません。
オカリーナは、一本一本必要とする息の量、スピード・・異なるのです。音程のバランスも異なるのです。 調が変われば、その差がもっと顕著になります。 1本を吹きこなせないうちに浮気をしていると、いつになってもうまくはなれません。
毎日セッセと半年吹いて、それでも曲が音痴に聞こえたら、あなたがよほど演奏が下手なのか・・・ 或いは、オカリーナが音痴です。買い換えを検討しても良いでしょう。
音色に不満が出たら、買い換えを検討しましょう。

2本目は、培った知識と技術でもっと良いオカリーナを選び出しましょう!

オカリーナほうむぺえじ管理人】


★オカリーナワンポイントアドバイス 目次へ

★サイトマップへ