オカリーナQ&A オカリーナの数字


Q.友人と合奏曲集で練習しているのですが、2Fとか5C・10F・12Cなどと記されていますが、 2とか5の数字の意味が分かりません。教えて下さい。
--------------------------------------------------
A. 合奏曲集などに使用オカリーナとして記載してあります「数字+アルファベット」は、オカリーナ(アケタ製)の型番です。
アルファベットが調を現し、同一調でオクターブ違いの楽器があるので、それを区別するために数字がつけられています。
C管(ハ長調オカリーナ)の場合、ソプラノC管が「1C」、アルトC管が「5C」、バスC管が「12C」となっております。
2FはソプラノF管、10FはアルトF管です。

アケタオカリーナの型番を、楽器の小さい順に並べますと、1C、3G、2F、6E♭、5C、8B♭、9G、10F、12C となります。
型番について詳しくは、こちらをクリック!

オカリーナほうむぺえじ管理人】


★オカリーナQ&A 目次へ

★サイトマップへ

★ホームに戻る