オカリーナQ&A 新しいのに欠けている?


Q.ピッコロC管を購入しました。 澄んだ音色に憧れて、まだ早いかもしれないと思いつつ 息子の指で押さえられるオカリナということで購入しました。
しかし、歌口の塗装がはがれた状態で、息子は 『このオカリナは新しいのに欠けてる』 といいます。 音はきれいな気がするのですが、演奏するのが私たち親子なので本当のところはわかりません。
歌口が削れていても、音が出るなら大丈夫なのでしょうか? 自分で決めなければいけないことだとは思っているのですが、よくわからなくて迷っています。
--------------------------------------------------
A. 塗料がはがれているとか、歌口が削れているとおっしゃいますが、実際見せていただきませんと、どんな具合なのか? 致命的なものなのか?  言葉だけの説明ではわかりません。実際に手にとって、吹いてみませんと、正確な状況はわからないのです。

最高音まで、ストレスなく音が出ますか?
雑音は、入りませんか?
雑音もなく、最高音まで綺麗に出るのでしたら、先ず、問題はないでしょう。

買われたのが、表面に塗装を施しているオカリーナだから、そのような不安が生じたのですね。
以下は、推測ですが・・・

歌口の先端は、通常1mm以下の世界です。
歌口は、1mm以下の精度で作り上げます。
歌口を作り上げてから、(音が出るのを確認してから) 塗料を塗るメーカー・制作者は、塗ります。

ご自身で、何かに塗料を塗った事はお有りでしょうか?
塗料を塗ると、表面に何ミリくらいの厚さが生じるか おわかりでしょうか?
1mm以下の精度で仕上げた歌口に、塗料を塗ったらどうなりますか?
折角音が出た歌口が、塗料のせいで厚くなって、音が出なくなる事があります。
だから、歌口周辺に塗料を塗る時は、最新の注意で薄く薄く塗っているはずです。
それでも、音が出なくなったらどうするか?
歌口周りの塗料を、歌口を壊さないように注意しながら、そっと削るのです。
削れば、そこから塗料ははがれますね。

正にこの作業を行ったのではないかと、私は推測致します。
「塗料がはがれている」 と思うと、欠陥品のように気になるでしょうが、 「それだけ手をかけて、仕上げてある」 とは、思えませんか?
--------------------------------------------------
質問者からの再度のメール
突然の来訪者の質問に、こんなにも丁寧に答えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
そうなんです。音がきれいなんです。だから、返品したらもう、このオカリナに会えないのです。
違うものを購入しても こんな音でないかもしれない。そう思うと このまま親子で吹いていたいと思うのです。
初心者ゆえに、いろいろ迷いもあります。
オカリナのことを、私たちよりずっと理解している方から『大丈夫』と言って欲しかったのかもしれません。
周囲にオカリナを演奏する人が見つからないので、途方にくれてしまったのでした。
ありがとうございます。これで迷わずにすみます。

オカリーナほうむぺえじ管理人】


★オカリーナQ&A 目次へ

★サイトマップへ

★ホームに戻る