管理人は 「制作者」 ??

 

管理人 オカリーナを始めてまもなく10年
始めて・・・と言っても、それはもちろん 「オカリーナ演奏」 の事です。
制作は、まだたったの5年

演奏に没頭すればするほど、手持ちのオカリーナの、音色が気に入らないこと、高音がかすれること、ピッチが曖昧なこと、全音綺麗に出ないこと、 ・・・・などなど、 気に入らない所が、目につき耳につき・・・
とうとう、自分で作ることに致しました。

数えきれないくらいのゴミオカリーナを製造致しましたが、なんとか自分の気にいる物が出来るようになり、余った物を人にも提供するようになりました。
ホームページの Ocarina 凛 の写真を見て、管理人は 「制作者」 であると、勘違いなさる方がおります。
(凛の写真のみで、管理人の下手な演奏を公開しておりませんので、無理もないですね。)

演奏することには、さほど興味がお有りにならないのに、オカリーナ制作をなさる方がおられます。 こういう方は、 「制作者」 なのでしょう。

しかし、管理人の制作は、自分の演奏のためであり、作りたいから作っているのではありません。 演奏したいから、より自分の好みの楽器を求めて、作っているのではあります。

皆様から、ぜひ譲って欲しいというご希望が後を断ちませんが、無償提供に致しますと、遠慮なさる方がおられますので、将来 有償に致します。
しかし、将来 Ocarina 凛を、有償にてお譲りすることになったとしても、管理人の制作姿勢に変わりはなく、いくつか余った物を お分けするに過ぎず、 「販売」「商売」などという世界とは、ほど遠いことであります。

売るために、たくさん作ろうなどとは、考えておりません。
凛を売って儲けようなどとも、考えておりません

数年後か、或いは十数年後に、凛が有償になっても 管理人は、 「制作者」 ではなく、 「演奏者」 でありたいと、常々考えております。
少しでも良い演奏をしたいがために、良い楽器を求め、自分のための良い楽器を作るために、演奏技術を磨く毎日です。

平成15年5月24日



★Ocarina 凛 インデックスへ

★サイトマップへ