凛の音色と管理人演奏について


楽器には音色があります。
しかし、それは「この楽器はこの音色」と、固定できるものではないと管理人は考えます。
Aというオカリーナを、Bさんが吹いたときの音色、Cさんが吹いたときの音色、同一ではありません。
人の音色を真似しようとしても、出来るものではありません。

凛の音色が聞きたい、管理人演奏を公開してくれ・・・というご要望をたくさんいただきますが、 私の演奏は、「凛を使用した管理人の演奏」であります。
Bさんが吹けば、「凛を使用したBさんの演奏」であります。
Cさんが吹けば、「凛を使用したCさんの演奏」であります。
使用楽器の凛が主役なのではなく、主役は演奏者なのです。

演奏者なしでは、自動演奏装置が付いていない限り、どんな楽器も音楽を奏でることは出来ません。
楽器がどんなに優れていても、演奏者の演奏技術が優れていないと、素晴らしい音楽を、美しい音色を奏でることは出来ないのです。
「楽器は、演奏者を補完するものでしかない」と、管理人は考えます。

音色に注目すれば、管理人の演奏も凛の音色
Bさんの演奏も凛の音色
Cさんの演奏も凛の音色
凛を吹けば、誰が吹いても凛の音色なのでありますが、決して同一の音色ではありません。
逆に言えば、誰かが凛を吹いたとして、その音色が凛本来の音色である・・・とは、必ずしも言えないのです。その人の演奏技量(テクニック+音楽性)までの音色でしかないのです。

管理人も含めた特定の人が演奏した音色を、凛の音色であると固定されたくないので、管理人演奏をホームページで公開するつもりは ありません。
凛の奏でる音色のひとつとして、管理人演奏をお聞きになりたい方は、管理人が生演奏する場に お運び下されたく、お願いいたします。

演奏するそばから消えていく・・・
その場に居合わせた人だけが、味わえる幸せ・・・
そんな はかなさが、音楽を より美しく感動的なものにし、より一層 人の心を打つのではないかと、管理人は思います。
アマチュアであっても、いつか そんな演奏が出来ることがあるかもしれない・・・
そんなことを思いつつ、今日も凛を吹く管理人です。

これをお読みになった方は、どこかで素敵な演奏に出会ったとき「それは、どこのオカリーナですか?」 などと、無遠慮に演奏者に聞かないでくださいね。演奏者に対して極めて失礼になります。
その楽器を借りてあなたが吹いても、同じ音色は決して出せませんから・・・

平成15年9月13日

★Ocarina凛インデックスへ

★サイトマップへ