オカリーナほうむぺえじ

管理人制作のオカリ−ナ凛

制作7年・自主焼成5年目
44〜50番窯作品


ホームヘ

サイトマップ

凛トップへ

★自主焼成1年目の作品はこちら
★自主焼成2年目の作品はこちら
★自主焼成3年目の作品はこちら
★自主焼成4年目の作品はこちら
★自主焼成6年目の作品はこちら
★Ocarina 凛 インデックスへ
★サイトマップに戻ります


今回は、原点に返った焼成でした。
外見上は、ごく普通の凛 バスC管、アルトF管、アルトC管、ソプラノF管が焼き上がりました。

何か違いは無いのか? と言いますと、粘土を3種類使用していることですね。
粘土のせいなのか? なんなのか?、一番手前 ソプラノF管右隣のアルトC管は、音色も良く楽器としても、「Very Good!」
然るに、バスC管は、粘土のせいなのか? なんなのか? 音色がガサガサ・・・がっかり

平成17年8月27日

【50番窯作品】
平成17年8月13日(土)焼成
50番窯作品

管理人の、お遊び焼成 第3段です。(笑)
今回は、久しぶりに39番窯以来 作っていなかった一人アンサンブル用を制作しました。 前回が、初めての制作で、でかくて 不細工だったので、今回は可愛らしくと、心がけました(笑)

手前の丸形2個がそうです。右側=まん丸と、左側=真ん中に溝の入ったタイプと2種類になりました。
左右のピッチがぴったり同じに揃いませんとダメなので、調律した際、高めピッチだったのを低めと勘違いし、削りましたら なおさら高くなり(当然!)、 テープを貼って調整しました、ははは・・・
今回焼成は、他には アルトF管、アルトC管、ソプラノF管、ソプラノC管でした。

平成17年7月30日

【49番窯作品】
平成17年7月2日(土)焼成
49番窯作品

管理人の、お遊び焼成 第2段です。(笑)
今回も、しましまが綺麗に入りました。(左の3本)
他のものも、綺麗に焼き上がったですが、真っ黒に写ってしまいました。 アップしてみましたが(右の写真)、小さい写真では、綺麗さがわかりにくいですね、残念!!
機会がありましたら、直接 お手にとってご覧ください。

今回焼成は、アルトC管、ソプラノG管、ソプラノC管でした。

平成17年5月21日

【48番窯作品】
平成17年5月4日(水)焼成
48番窯作品48番窯作品

管理人 忙しゅうて、焼成しっぱなしやがな・・・。
製作工程の途中では放れませんが、焼成しちゃえば、放っておいても変化しません、へへへ・・・

管理人のお遊び焼成第二弾!!
前回は、「化粧」を施したのですが、見た目云々・・・よりも、別な意味で「皆さんにはお勧めできないなぁ〜」と思いました。
(管理人が、なぜお勧めできないと思うのかは、お考えくださいませ。)

今回は、一部で焼成方法を変えました。 手前の2本がそうです。
「思惑どおり」とも言えませんが、まずまずの出来でした。
ただし、失敗しても良いように、「ほかそう」と思っていた2本ですので、単なる「焼成見本」でした、ははは・・・
でも、しましまが入って綺麗でしょ!!

平成17年4月23日

【47番窯作品】
平成17年3月12日(土)焼成
47番窯作品

できたぁ、ばんざーーい!!
この子(子猫)は、ながめオカリーナフェスティバルの翌日に、「お疲れさん!」と、管理人を慰労に来てくれました。可愛いでしょ!

焼きっぱなしで、皆さんに披露しないうちに、曲のイメージに、まぁまぁ合うのがありましたので、1本使ってます(笑)
久しぶりに化粧したのですが、見た目には、化粧の良さがちっとも出ませんでした。(悲)
どれが化粧を施したものかは、目をつぶっていただくとわかります。(爆)

平成17年3月5日

【46番窯作品】
平成17年1月29日(土)焼成
46番窯作品

2005年のお正月ですぅ〜
今年も制作・演奏 頑張りますぅ〜♪

写真のでかいのは、新作のアルトG管です。
ながめオカリーナフェスティバルの管理人演奏曲用として、必要に迫られて作りはじめたのですが、 使用楽譜を変更しましたら調が変わり(よくあることですが・・・)、楽器が焼き上がらないうちに、出番がぁ〜〜無くなりました。(笑)

平成17年1月1日

【45番窯作品】
平成16年11月27日(土)焼成
45番窯作品

こんなのが焼き上がりましたぁ〜♪
オカリーナ型ふたものです、ハハハ・・・。

平成16年11月13日

【44番窯作品】
平成16年10月23日(土)焼成
44番窯作品44番窯作品


ホームヘ

サイトマップ

凛トップへ