ホームへ > 楽譜部屋へ

火山久:作曲作品

曲  名
作曲者視聴演奏時間生演奏使用楽器
モーツァルティアーデ火山久火山オリジナルピアノ伴奏版4:14無伴奏版
ピアノ伴奏版
SG

モーツアルティアーデは、無伴奏曲と言われてきました。演奏会などでは、火山先生以外の方のピアノアレンジやギターアレンジで演奏されて来ました。上記の管理人演奏のピアノ伴奏版は、平成19年に管理人がピアノ伴奏を業者依頼して出来上がったものです。

その後、「無い」と言われてきた火山先生自身によるピアノ伴奏譜が見つかりましたが、明らかな記譜上の誤りが散見されましたので、修正を加えて整えたのが上の「火山オリジナルピアノ伴奏版」です。3つを聞き比べるのも、面白いと思います。

※SGはソプラノG管、SFはソプラノF管、ACはアルトC管、AFはアルトF管、BCはバスC管

.

火山久:編曲、間中進一:監修作品

曲  名
作曲者編曲者視聴演奏時間使用楽器
3本のギターの為のトリオ AndanteLeonard de Call火山久
間中進一
ここをクリック2:30SG、AC、AF、BC
3本のギターの為のトリオ MenuettoLeonard de Call火山久
間中進一
ここをクリック4:37SF、AC、AF、BC
3本のギターの為のトリオ AdagioLeonard de Call火山久
間中進一
ここをクリック3:19SF、AC、AF、BC
3本のギターの為のトリオ RondoLeonard de Call火山久
間中進一
ここをクリック2:11SF、AC、AF、BC
※SGはソプラノG管、SFはソプラノF管、ACはアルトC管、AFはアルトF管、BCはバスC管

管理人が、火山アンサンブル入会当初(平成6~7年頃)、演奏会でよく演奏していた曲です。退会後はアンサンブル楽譜は開いてもいませんでしたが、3年前にふと思い出し、音にしてみたくなりました。 Finaleに入力を試みましたが、記憶している自分のパート以外は判読不能! 自力でFinaleに落とすのを諦め、間中先生にお願いして、原曲に忠実に修正アレンジしていただいたのが上の4曲です。
なぜならば、汚れていて読みにくいだけでは無く、原曲にある小節が消えていたり、原曲にないフレーズが挿入されていたりして、原曲から乖離してしまっていたからです。楽譜に、正確な曲名も、作曲者名も編曲者名も、記載がなかったのは、このせいだったと推察しています。

※管理人は、故火山久先生の直弟子のため、ほぼすべての楽譜を所持していますが、現在、著作権管理者が不明のため、外部の方に楽譜をお譲りすることは出来ません。
上記の曲を演奏したい方は、管理人主宰のアンサンブル・スウィートにご入会ください。


ホームヘ > 楽譜部屋へ > サイトマップへ