オカリーナ仲間の投稿コーナー


2.初めて吹いたとき編

<些細なこと>
それはおよそ7年前。まだ自分が小学2年生くらいの出来事。 当時は任天堂64がブレイクしており、ゲーム好きな自分も熱中していた。
そんな中、ゲームショップをフラついていると、あるソフトを発見。 「ゼルダの伝説 時のオカリナ」
そういえば、友達が 「これおもしろいよ」 とか言ってたような。 お金も足りてたし、買ってみようかなと思い購入。

このゲームでの一番のポイント。それは、主人公が奏でるオカリナ。 この時、初めてオカリナの存在を知った。

それから少し経ち、とある機会でオカリナを入手した。 といっても、正式なメーカー製ではなく、説明書すらない代物。
とりあえず適当に吹いてみる。でも世の中そう簡単じゃない。 まだ無知だった自分は、オカリナのせいにしていた。
後に、それが間違いだと気づくまでは。

時は流れ、今年の夏。部活が終わり、暇ができたころ。 どうせだし、何か新しいことでもはじめてみようかと考える。
そこで思い出したのがオカリナ。 あの時は吹けなかったけど、今から練習すれば吹けるようになるはず。
そう思い、机の中にしまってあったオカリナを取り出す。

そーっと息を入れてみる。すると、昔とは違った音色が出てきた。 うれしくなり、色んな音を出してみる。
高い音はうまく出ないものの、ある程度は吹けるようだ。 まさか学校で習っているリコーダーが、ここに影響するとは。

その日から、オカリナの練習に打ち込むようになった。 誰かに教わるのはあまり好きではないため、我流で練習。
今もその真っ只中。暇があればオカリナに触れる日々。

ゲームに出るという些細なことから、オカリナと出会うことができた...

【by Nathbee ホームページ開設9周年記念投稿 入賞作品】 平成19年9月1日


感想・突っこみ


ネット通販を利用して、初めてオカリナを買った。
わくわくしながら、梱包を解き、即刻 口にくわえたのは言うまでもない。

ソ〜〜〜〜♪ ソラシド〜〜♪
次の瞬間、頭クラクラ・・・吐き気に襲われ、慌ててオカリーナを口から離した。
ものすごいニス臭! とても吹き続けられる代物ではない。
公園のベンチなら、「ペンキ塗り立て!」と表示されるのだろうが、もちろん「ニス塗り立て!」などと言った 表示はされていなかった。

野菜・肉・魚はとれたて、料理は作りたてが一番! しかし、オカリーナのニス塗りたてなんてのは、ご免被りたい。
いずれニス臭はとぶだろうが、口にくわえる楽器だというのに、こういうものを販売するのは、製品の善し悪し以前の問題であると思う。
「たとえ匂いはとんでも、体に毒!」と、気持ちの悪い楽器は吹かないことにした。買って損した。

【by スカンク】 平成16年11月13日

オカリーナ仲間の投稿のページへ
サイトマップへ