オカリーナ仲間の投稿コーナー


9.制作した時の出来事編

<私のオカリナ作り>
今年の6月、オカリナ仲間8人でオカリナ作りに挑戦しました。オカリナ作りは、私のみ、かなり前に一度経験していました。
今回の作り方は、形を作って糸で真半分に割って、中をくり抜く手法ではなく、初めから木の葉のような形に膨らみを持たせたものを合わせて、 形にしていく方法でした。初心者にはこの方法が取り組みやすいように思えました。

まず最初に、木の葉のような形を作って合わせてみたものの、どうも延ばし過ぎ、オカリナの胴体部分の厚みが足りないような感じになり、 次に歌口をくっ付けていく過程で、だんだんと形がいびつになっていくような気がしました。
表面が乾いてきて堅くなり、なんとか形を保てましたが、器用なメンバーは、早くも音階の調整に入っており、メロディーを奏でたりしているので、 かなり焦り始めた私でした。
歌口の調整では、講師の助けを借りてどうにか音が出るようになり、その後、乾燥、音階調整をして作業は終わりました。
まあまあの出来上がりで、オクターブは音程も上々で、内心満足していました。

7月下旬に、一次焼成したものが帰ってきました。多少手を加えてくださったようで、吹いてみると、前よりしっかりした音が出ているように思えました。 しかしまだ上の方の音がしっかり上がりきっていないので、これをきっちり調整すれば、「マイオカリナでソロ演奏」 という夢が叶います。

そこで、上がりきっていないと思われる、上のドレミファを順番にチューナーで合わせていき、「しっかり上がってきたかな?」 と思ったところ、 今度は、「下の方も、いまいちキッチリした音階になっていないのかなぁ?」 と心配になってきました。
そう思うと気になって、またチューナーとにらめっこしながら調整したのです。
そして気が付いたら・・・まさにそうなんです。
下の 「ド」 と 「レ」 の間がおかしいんです。「ド」 が基本なのに 「レ」 から上の穴を大きく開け過ぎたようです。
もう元には戻れない・・・お手上げです。「マイオカリナでのソロ演奏」 は、まだまだ先の夢となりました。

【by ヒゲおやじ ホームページ開設8周年記念投稿 入賞作品】 平成18年9月9日

感想・突っこみ

オカリーナ仲間の投稿のページへ
サイトマップへ