【窃盗癖患者、闘病日記 その2 】  赤城高原ホスピタル

(改訂 13/04/29)


ここでは、御本人の了解を得て、ある30代女性患者の日記を紹介します。女性は、摂食障害と窃盗癖があります。詳しい状況は、日記を読み続けていくうちに徐々に明らかになります。
このページは、第2部です。第1部(3/15-3/31)からの続きです。
なお、プライバシー保護のため、文中の氏名は仮名とし、状況設定など、一部事実と異なります。

Printer-friendly Version → 窃盗癖患者闘病日記、単行本からの引用解説付き (PDF文書、A4版16ページ)は、こちらからダウンロードしてプリントしてください。


【HP内関連サイト】

窃盗癖  窃盗癖、万引癖の基礎知識

クレプトマニアの自助グループについて 都内で始まった万引・窃盗癖に悩む本人のための自助グループ、「クレプトマニアクス・アノニマス」(KA)の情報

万引・盗癖ミーティング 病院(赤城高原ホスピタル)内の万引・窃盗問題ミーティング(MTM)に関する情報

クレプトマニア本人からのSOS このHPを見て、SOSを求めてきた主婦と院長とのメールのやりとり。ビジターへのお願い。

嗜癖問題Q&A: 万引、盗癖 万引と法律問題。

クレプトマニア チェックリスト 本人と家族向けのための情報整理マニュアル(未完成)。初診の方は必見。

窃盗癖、回復者と回復途上者からのメッセージ 回復(途上)者から仲間と御家族、関係者に向けてのメッセージ

窃盗癖患者、闘病日記 その1 ある30代女性窃盗癖患者の闘病日記。入院生活、ありのままの今日1日。  


4月1日

 昨日からルームメイトの入れ替わりが激しいです。私は今、二人部屋で生活していますが、半月以上寝起きを共にして、艱難辛苦語りつくし、私にとっては、一番密度の濃い付き合いができた仲間が昨日退院されました。今日、隣の空ベッドを眺めながら、玄関で握手を交わして、見送った友と過ごしたこれまでの日々を思い返しながら感傷に浸っている最中、看護師さんが部屋をノックして顔を覗かせ「もうすぐ新しい方が入って来るからよろしくね。」と声を掛けて行かれました。そして数時間後に可愛らしい女の人が入って来られました。最初は、そわそわして緊張されている様子でしたが、消灯後、ベッドに寝そべって話している間に会話が弾み「気の合う人と一緒の部屋になれたから、ここに来て良かった。」と言ってもらって、喜んで床に着きました。ところが、翌朝、どういう訳か、その女性は随分気落ちされていて、「ここに来ても鬱が出てしまうから、やっぱり私に入院生活は無理。」と呟いて早々と帰って行かれました。私は、「一緒に頑張って行こうよ。」と思い止まるように説得してみたのですが、力が及びませんでした。新しい友の決心を変えられなかったのは残念でした。しかし、帰り際、「沙耶ちゃんに会いたくなったらまたここに来るかも知れない。」と笑顔を向けてくれたことで少し安堵して、そうしてくれることを期待することにしました。それから又、さほど時間を置かずに新しい患者さんが入って来られて、今日は何だかばたばたする1日でした。

 でも考えてみると、私はこの入院中、ずっとルームメイトには恵まれているようです。今日入院して来た女性も、屈託ない笑顔が可愛いとっても気持ちのいい方です。積極的に話し掛けてくれるので、すぐに打ち解けることが出来て、夕刻のミーティングが始まる直前までしゃべり続けていました。私とは別のミーティングに参加する彼女とは一旦別れ、自分のミーティングが終了して戻ってみると、まだ彼女は帰って来ていませんでした。彼女のベッド周辺はカラフルなバッグやぬいぐるみ、大きな写真立てなどが所狭しと並べられています。すっかり明るい雰囲気になって、病室じゃないみたいだわ、と眺めていると彼女がご帰宅。私が「ミーティングどうだった?」と尋ねると、突然泣き出し、「ミーティング初日から嫌われてしまって、部外者扱いされてしまっているようだ。」と訴えます。話を聞いてみると、どうも思い違いをしているようなのですが、本人は明日からミーティングに参加するのが怖くなったらしく、ご両親に「やっぱり明日退院するから。」と迎えの要請をしています。昨日は説得に失敗してしまったので、今度こそは、という思いで気合いを入れて入院を続けることの必要性を力説してしまいました。熱っぽく語ったことが功を奏したらしく、今度は何とか思い止まってもらうことができました。

 そしてその後、自分のしていることを振り返って、普段の私とは正反対の思考行動パターンに、自分でも驚いてしまいました。本来孤独癖の私にとっては、視界に誰も入って来ない独りきりの状態がベストのはずですから、部屋から人が居なくなってくれることは喜ばしいことなのですが、どうしたことでしょう。せっかく他人に気遣いのできるやさしい女性に成長できている人なのに、治療を断念して、回復の機会を遅らせてしまうのは勿体ないと思いました。彼女はまだ20代ですから、依存症に陥ることさえなければ、青春時代をもっともっとエンジョイできた筈です。本来の自分に戻るための治療の機会を逃がして更に人生を無駄にしてしまうのは、魅力的な女性だけに、忍びないことです。

 一方、今の私は、他人の心配などしている場合ではない筈なのですが、お節介を焼いてみる気になれたということは気持ちにゆとりが出た証拠かもしれません。それに、上辺だけでなく、本心からいたわりの心を持って他人に接することができたことは、大きな成長と言ってよいのではないでしょうか。もしかしたら、孤独癖は、本来の自分ではなく、このように優しい自分が本来の私で、今その自分を取り戻しつつあるのでしょうか。よく分かりませんが、どちらにせよ、自分がこのような優しい気持ちになれたことを嬉しく思いました。

 私が退院を押し止めたことが、彼女にとって「有難いこと」なのか「余計なこと」なのか、それは、彼女がこれから指示通りの治療を継続して、ある程度の期間を経てからでないと解らないことです。将来、彼女が今回のことを正しい選択だった、と振り返る日がくることを私は祈るばかりです。


4月3日

 この病院に来て、ミーティング等に参加していると、仲間の家庭環境についても徐々に知るようになります。そして、多くの人に共通していると思われるのが、家庭の存在がその人の病歴の中でかなり大きなウエートを占めているということです。私は、これまで両親と同居していたので、毎日顔を付き合わせていたせいでしょうか、それとも、食べることに気を取られ過ぎていたせいでしょうか、自分が家族の存在をどのように捉えているのか、今まであまり考えたこともありませんでした。そこでこの機会に自分に問いかけてみることにしました。

 私は、家から一歩外に出ると、人畜無害な人間を装い、怒られないように、嫌われないように、他人の顔色を窺がうのに懸命です。でも、家では恥ずかしい姿も全てさらけ出して生活しているので、この世で素のままの私を知るのは、父と母二人きりです。素の私は、本当に他人が見たら身震いする程に卑しくて醜い人間なので、そんな私を知っていながら愛し続けようとしてくれる両親のことは、全く不可解としか言いようがありません。私のような親不孝な娘を愛しても、与えても、何も返って来ないどころか酷い仕打ちを加えられるのみで、得なことなどひとつも無いことはもう充分分かった筈なのですが・・・。人と人とが繋がりを持つ時には、利害関係を全く抜きには成立し得ないと私は思っていて、それは、親子の場合でも例外ではないというのが私の基本的な考えなのですが、私の両親を見ていると、この二人に限っては、無償の愛の存在を認めても良いような気がします。

 私は、自分の食費に多額の費用を注ぎ込んでしまうため、近い将来自分の貯金から家の財産まで全てを使い果たし、今のように食べ続けることがままならなくなるのではないかという不安を抱えています。ですから、日常生活においては極端な程の節約主義を貫いています。痩せていた頃には、外見をより良く見せる為に、洋服、アクセサリー、化粧品、エステ等に惜しまず投資していましたが、太って家に閉じ籠もるようになってからは、食費のために資金を確保しなくてはなりません。大事なお金を、身なりを整える為に使うことがばからしく思えてきて、まず洋服はリサイクル品のみとし、髪は自分でカットすることにしました。シャンプー・リンスを使うのは勿体ないので、体を洗う石けんで頭も洗います。水道・光熱費も無駄にはしたくないので、お風呂の水位は低めに設定します。両親に後からたし湯されるととても腹が立ちます。食器洗いを母にやらせると水を使い過ぎるので、絶対にやらせませんし、父が時々水道の蛇口をきちんと止めずに放ってあるのを見てしまうと、その日1日中イライラしてしまいます。室温が熱すぎても寒すぎても、衣服の調節でしのげる程度なら、エアコンは使わせたくありません。特売日に買えば安く手に入る物を定価のままで買われることも許せません。自分の決めた節約ルールを家族が守ってくれないと気が済まないのです。いちいち文句を言うのですが、両親は細かいことに口を挟まれることを煙たがって、なかなか聞く耳を持ってくれません。何も難しいことを要求している訳ではないのに、両親に実行してもらえないことが歯痒くて、私がしつこく食い下がると、
「些末なことでいきり立っているけど、そう言うあなたはもっと遥かに重要なことが出来ていない」
「電気や水道の出費なんて微々たるものだから、仕事をすれば直ぐに取り戻せる。それなのに、あなたは1日中テレビ見ながら食べてばかり」
「そんなに嫌なら、この家から早く出ていって自分の思う通り生活すればいい」。
 お決まりの文句はこんな具合です。確かにごもっとも。全く異論の無い筋の通った理屈なのですが、黄門様の印籠をかざすように私の弱点を引き合いに出されて、私の要求を遮断されてしまうことが本当に不愉快です。そこまで言われて口惜しいから見返してやろうじゃないの、と奮起すれば二人の攻撃を跳ね返すことが出来るのですが、それが出来ない意気地無しの自分が情けないです。

 昔の私と、現在の私とでは、自分の意識の中で父と母、それぞれの位置付けが変化してきていることは感じられます。母は私が物心つく前から絶えず仕事に励んできた人なので、親子の触れ合いが乏しく、母に殴られた記憶も無ければ、母から愛情を掛けられた記憶も特にありません。母の育児は、生まれて来たから養っている、といった感じのクールな接し方だったと思います。可愛い洋服やおもちゃなど、ほとんど買い与えられたことがありません。学校で食べる昼食の弁当が、周りの誰の弁当より手抜きされていることが恥ずかしくて、私は、いつも蓋で隠しながら食べていました。せめて、小学校の卒業式くらいは晴れ舞台だから、お洒落させてくれとせがんでみたのですがあっさり拒否されました。「買ってくれないなら卒業式には出ない」、と私が言うと、母に「どうぞ。」と言われたので、抗議のために泣く泣く卒業式をボイコットしたほどです。

 私に対しては、一貫して素っ気無い態度の母親は、兄に対しては、一転して子煩悩で気のきく母親に変身する人でした。兄は全てにおいて私より優れているので、無理も無いことなのですが、子供ながらに母性愛のベクトルは兄の方にのみ向かっていると感じていました。私は、兄のことが昔からずっと嫌いでした。同じ腹から生まれて来た他人だと思っていました。母は、私と兄とを比較し、私と女友達とを比較して、どれ程私が劣っているか、何度も私に言い聞かせていました。

 母の目の前で私が兄に殴られていても、母は離れた場所から口で注意するだけで、間に割って入って止めてはくれませんでした。優しい母親をもった友人を羨むこともありましたが、まあ親は選べないからと諦めていました。しかし、私が高校生の時、天敵である兄が遠くに住まいを移し、目の前から姿を消すと母の態度が急激に軟化し始めました。取り分け私が度々問題行動を起こすようになってからは、痛々しいくらいに心配し、常に私のことを気に掛けてくれる様になりました。更に近年は、私のことを自分の分身のように捉えている感があって、「あなたが幸せになれなければお母さんも幸せになれないし、あなたが受ける罰はお母さんに対する罰でもあると受け止めている」と口にすることもありました。この母の変化は、愛情を示す対象が、兄から私に移ったこともあるでしょうし、少し偉そうなことを言えば、年輪と共に人格的に成熟した為でもあると考えています。私が昔、母に対して抱いていた不信感はもうとうに消え去って、今の自分にとっての最大の理解者は、母だと思っています。

 一方、父の方はと言えば、母とは打って変わって子供の頃の私にとっては、理想の父親像を体現したような人でした。人柄は穏やかで、何をやらせても器用にこなすし、常に前向きな努力家でした。母と兄と対立していても、大体私の方を擁護してくれたので、砦のような役割を担ってくれていた心強い存在でした。ただその唯一の拠り所である父が出張や単身赴任で不在の時が多く、幼児期の私は、父の帰りを指折り数えながら、待ち侘びる日々を送っていたことを記憶しています。このように、父に対しては、幼い頃から変わらず敬愛の眼差しを送り続けてきたのですが、あれ程しっかり者だった父も、寄る年波には勝てないようで、近頃物忘れが頻繁になったり、おおらかだったのが少し頑固な気性が目立つようになってきたり・・・。尊敬できる要素ばかりだったものが、負の要素によって、少しずつ覆い隠されていくことを、年だからね、と寛容に受け止めることができず、最近の私は、父に失望したり、それが高じて怒りや憎しみを覚えてしまったりすることもあります。

 この先、年々年老いてゆく父を、温かい眼差しをもって見守ることは、今の自分にはできそうもありません。自分にとっても、かけがえのない存在で、これまでめいっぱい愛情をもらっていることを承知しながら、父の一挙手一投足に心乱され、愛情を薄れさせてきている自分が怖いです。この先父といがみ合うような関係にはなりたくないし、母に寄り掛かり過ぎて、重荷を負わせ続けることもしたくないので、二人とは距離を置いた付き合い方をすべきなのかも知れません。

 ただ、そうかと言って、独り暮らしには不安がいっぱいです。家賃や光熱費など、経済的な負担が増えますし、20年間生活してきた我が家に対する愛着も強いので、離れ難いのです。特に、テレビと冷蔵庫が側にあるダイニングルームは、最も落ち着ける自分の居場所です。実のところ、寝ている時間以外の大半は、この部屋で過ごしてきました。しかし、この部屋の余りの居心地の良さが、私の自立心や社会性を奪ってきたとも言えそうです。私には、この先服役とその後1年間の入院が待っています。ですから、独り暮らしと言っても随分先の話になりますが、この期間は、自分の心を成長させる為には必要なのかもしれません。

 今日、この病院の大きな温泉風呂の浴槽に身を沈めながら、やっぱり、たっぷりのお湯に浸かるのは気持ち良いな、と思いました。帰ったら自宅のお風呂のお湯も、もう少したっぷりめに入れて、両親にも肩までゆったり浸かる幸せを感じてもらわなきゃ、と思いました。


4月7日

 今日の夜のミーティングで仲間の一人が「数日前から身内の所在が判らない。もしかすると、既にこの世に居ないかも知れない」と、苦しい胸の内を吐露され、萎れ切ったお顔をされていました。この話を耳にして、瞬間的に父と母の姿が頭に浮かびました。その理由については後ほど・・・。

 私は、この病院に入院して、前半の時期は初めての環境に身を置いている緊張感と、今度こそは自分を狂わせてきた悪癖と決別できるかも知れない期待感に胸を膨らませていました。気概をもって治療に励んできたものですから、雑念の入り込む隙があまり無かったのでしょうか。その間は、入院生活のみに意識を集中することが出来ていたような気がします。 しかし、日を重ねる毎にミーティングに対する拒否反応が次第に薄れ、気持ちの上では幾分ゆとりが生じて来ると、そのゆとりの部分を埋めるように、私お得意の後ろ向き発想が影を落とし始めました。

 暫く頭の隅っこにうっちゃっておいた事なのですが、ここで病人面して守られた環境で生活している私は、一歩外に出たら立派な犯罪者で、誰からも眉をひそめられる存在なのです。しかも、現在裁判進行中で、実刑は確実ですから、収監される日を間近に控えています。今回就いて頂いた優秀な弁護士さんのご尽力が無ければ、保釈さえ叶わなかった程の危険分子です。私は間もなく刑務所送り・・・、と今の自分の立場を自覚し始めると、過去に体験した受刑生活が悪夢のように甦り、私の胸を絞め付けます。

 私は過去に2回服役しましたが、最初に実刑判決を受けた際には、取調べの段階では、担当検事さんから「執行猶予をとれるかも知れない」と伝えられていたのですが、下された判決は予想以上に厳しいものでした。控訴すれば実刑を免れることも出来たかも知れないのですが、時間の無駄になる可能性もあるし、前向きに考えれば、受刑生活というのは自分に喝を入れる為の有効な手段になるかもしれないと、その時は思いました。刑務所内の規律に則った生活を送るなかで、規範意識を身につけることが出来れば、受刑生活もプラスな体験になる筈だから、性根をたたき直すための修行の場と捉えて、甘んじて受け入れることにしました。

 実際、服役してみてその目的が達せられたかと言うと、そうはならなかった結果が今の私です。むしろ入所前よりも人格の歪みをさらにいびつな形に変形させて社会復帰することになってしまいました。

 刑務所という所は独特な世界で、各工場内、居室内でカースト制のような厳しい序列が形成されていて、そこからはみ出そうとする人には厳しい制裁が加えられます。日常的にいじめや諍いが繰り返されていて、平気で嘘をつかれたり、告げ口されたりします。噂話や陰口に加わらないと、仲間には入れてもらえないので、必要に迫られ、受刑者同士の力関係や個々人の罪名などを、不本意ではあるけれど熱心に覚えました。私にとっての受刑生活は自尊心を破壊され、激しい過食要求と戦い続けるだけの日々でした。

 刑務所という所は矯正施設と謳ってはいますが、実際には、そういった役割を成していないような気がします。中には、自分の場合は、更生の一助になったと受け止めている元受刑者の方も居られるかもしれませんが、刑務所を出て、更生している人の多くは、服役したから更生したのではなく、もともと正常な倫理観を備えていた人が、ほんの一時、心に隙を作ったために犯罪に走ってしまっただけで、そういった人達は、そもそも受刑生活を経験しなくても更生出来ていたはずの人達だと思います。

 私の場合は、過去2回の刑で、醜悪な人間の本性を垣間見て、人間に対する不信感を更に増大させ、出所してきたので、これから前刑より遥かに長い刑を終えて出所する頃には、満身創痍の状態で廃人のようになっているのではないか。そんなことが頭の中を駆け巡り始めると混乱する一方で、正直、平常心を保つことが困難になります。逃げ場の無い、追い詰められた心理状態に落ち入った時、この病院を知らず、依存からの離脱という光源を見出せないまま、家に籠っていた頃の私ならどんな発想に行き着いただろう。黙って裁きを受け入れる度胸を持てただろうか・・・。

 今日のミーティングで、仲間の悲痛な訴えを聞きながら、彼女の姿に、私のことで不安を募らせている両親の姿を重ねてしまいました。けれど、この病院と出会って、目標を持つことが出来た今、どんな困難も受け入れて踏ん張って生きて行く覚悟が出来ました。自分の両親にだけは、彼女と同じような苦悩を与えてはならない。両親の最期は、必ず私が看取ってあげます。

 そして、今の私には、生き抜く為のエネルギーを注入してくれる心強い後ろ盾があります。私の回復を期待して、次回の入院を心待ちにして下さる院長先生、主治医の先生がおられます。そして、多忙な中で私の為に奔走して下さった弁護士さんも応援して下さっています。それに、将来、ここに戻って来れば、苦しみを分かち合い、共感し合える仲間が居るはずです。 私が戻って来る頃には、メンバーの顔ぶれはすっかり入れ替わっているでしょうが、馴染みのない者同士でも共に入院生活を送る中で、良好な関係を構築していけると思います。

 ここに来る以前は、人間社会の厳しさに打ちのめされて、人との接触を恐れて身を隠してしまっていた私ですが、ここに入院・通院されている患者さん達と接していると、私がこれまであまり会ったことのないタイプの人が多いことに気付かされます。院内での私は、あまり自己演出せず、格好悪い姿も曝け出してしまっていることが多いですが、にもかかわらず、自分に向けられる視線も態度も温かいのです。そのことを最初の頃は意外に思いました。しかし、最近思い始めているのは、これこそミーティングの成果ではないかということです。ここに救済を求めて来る人達は、皆心に傷を負って来た人達ばかりで、だからこそ、他者の心の痛みも理解出来るし、ミーティングを繰り返す日々の中で、いたわりの気持ちを持って相手を見守ることのできる心根が醸成されたのだろうと解釈しています。

 私はこれまで、自分も含めて九割九分の人間は「悪」だと信じて来ましたが、最近その思い込みが過ぎたかも知れないな、と感じ始めています。絶望を受け入れた上で、そこから立ち上がり、力強く生き抜こうと戦っている人の姿は美しいです。その人達の仲間に加えてもらって、一緒に戦って来られたことを、今は感謝しています。


4月10日

 入院生活もあと1日と迫っている中で、今日までの日々を振り返ると、余りにもめまぐるしく過ぎゆく日々で、本当に1ヶ月弱も居たかと疑いたくなるくらいですが、時間が短く感じられるということは、それだけ内容の濃い時間を過ごせたということだとも思います。

 正直言うと、ここに来る以前は、治療には100%前向きという訳ではありませんでした。前刑の裁判の際、精神鑑定された先生の見立てだと、病院での治療の必要性は感じておられない様でしたし、第一、病院に行くとなると他人である医師に自分の醜態を全て暴露しなければなりません。私は、そのことに強い抵抗を覚えました。しかし、担当の弁護士さんがわざわざ資料を取り寄せて、推薦して下さっている病院だし、病院に行くことを理由に保釈を貰うことが出来るかも知れない、という打算も働いて、入院の意思を示したのです。

 私の場合、言うまでも無く、物を盗る行為は明確な意思を持って行った行為で、決して混濁する意識の中で行った訳ではありません。アルコールや薬物依存の場合は、中毒性のある化学物質によって、一種脳が冒されている状態なので、正常な自制心を働かせるのは困難でしょうから、これは専門家のサポートの必要性を感じます。しかし、本能のままに行動してしまう子供っぽさと言うか、私のように、逮捕されて痛い目にあっても直らないのは、学習能力の無さ。つまり、頭の悪さが招くことだと、私なりに理解していました。悪い頭を良くして下さいと医療機関に求めるのは筋違いで、他人から嫌われて困っているから、好かれる性格にして下さい、と言うのと同じ意味合いのムチャな要求だと自分では思っていました。しかし、この病院に来て、入院中の方、回復して退院された方のお話しに耳を傾ける体験を重ねるうちに、自分を溺れさせていたのは本能ではなく、不健康な心だということに気付きました。

 内科や外科と違って、この病院では、治療は主治医に全面的にお任せという訳にはいきません。医師は患者にとって最良の環境を整えて、相談に乗り、注意深く見守って下さるという点で大きな心の支えであり、欠かせない存在ですが、治療していくのは基本的には患者自身なのです。治療した経験などない者が、自分で自分の心の病んでいる部分を「ミーティング仲間」という道具(道具は失礼かな)を使って治療し、回復させてゆくのです。当初私が期待していたような、ある日突然に開眼するような形の回復はありません。猛ダッシュで突き進んでいくような回復も、今までお話しを聞いた中ではありませんでした。自分流の例え方をすると、暗闇でばら撒いてしまったビーズを、手探りしながら拾い集めるように、少しずつ少しずつ時間を掛けて・・・、時には床のビーズに足を取られてすってんころりん、なんて事もありながら、徐々に成果を出していくものなのでしょうか。今の私は、摂食障害と窃盗癖の治療をそんなふうに理解しています。

 私は、入院中の現時点では盗りたい、食べたい欲求は収まっていますが、それは、物理的にそれが行いにくい環境に身を置いているためであって、退院すれば、心の底では依存から全く離脱できていないことを自覚するかもしれません。しかし、基本的な心の持ちようは、この短い期間でも変化してきたと確信しています。心の健康を取り戻すことから回復の足掛かりを得ていくのです。その事を理解できたこと、これだけで大いに収穫はあったと考えています。次回の入院に備えての土台作りが出来たということで、両親と弁護士さんに良い報告が出来そうです。

 一昨日、院長先生と面談した際、私の日記をホームページに掲載させてもらっても良いか、との打診を受けました。勿論二つ返事で是非使って下さい、と申し上げました。つたない文章ですが、どこかで誰かが読んでくれているかも知れない、と思うと書くのにも張り合いが生まれて、何よりワクワク感があります。窃盗犯というのは、立派な犯罪者ですから、誰にも打ち明けないでいるけれど、実際には、当人にも制御できない悪癖に困惑しながら、悶々と過ごしている人が多いはずです。治療可能な病であることを知らずに悩んでいる方が、潜在的に少なくない数いらっしゃると私は思っています。その中の一人でも、たまたま私の日記に目を止めてくれて、共感してもらえる所があれば、この病院にも興味を持ってくれるでしょう。盗癖と決別する為に励まし、支え合える仲間がひとりでも多く病院につどってくれた方が、私も心強いです。

 これまで、日記をつける習慣はまるで持ったことがありませんが、ここに来て日記を続けているうちに、日記の威力を実感するようになりました。日記をつける時間は、自分の心と対話する時間です。いわば一人ミーティング。心の中で鬱積している澱のようなものを取り出す作業です。私はまだ治療をスタートしたばかりで、効果を肌で感じるまでには至っていません。ホームページに掲載して頂くからには、日記をハッピーエンドの形で完結させたいので、長めのインターバルを挟んだのち、経過を記録してこの作業を続けるつもりです。

 クレプトマニア(病的窃盗)の入院治療を本格的に導入されている病院は、国内ではこの病院のみだと伺いました。院長先生は先進的な取り組みをされている方なのですね。クレプトマニアといっても、世間的にはまだまだ認知度は低く、開拓していくのに時間の掛かる分野だとは思うのですが、今後、他の精神科医にも治療の必要性を訴え啓蒙し続けて頂きたいです。先生の取り組みに賛同して、この治療法を取り入れて下さる病院が増えていくことを期待しています。

 私が先生のために出来ることといえば、私自身が転落人生から再起することで、この治療の有効性について更に確信を深めていただくことでしょうか。私は院長先生のお人柄に魅了されています。会ってたちまちファンになってしまいました。そして主治医の先生は、女性として魅力的な方で、私が男だったら絶えず追っかけ回していたでしょうね。ここで先生方と出会えたことが、私の今後の人生を変える転換になるような気がしています。先生方に「お帰り。待ってたよ」と声を掛けて頂ける日を今から楽しみにしています。

 今回は、院内の桜の開花を目前に退院することになってしまいますが、次回は1年間の入院を予定しているので、どの季節に来ても退院の日までには開花した桜を愛でることが出来るはずです。明日はこの病院の敷地内で満開に咲き誇る桜の姿を思い浮かべながら帰途に就くことにします。[TOP]


[当院サイト内の関連事項]

窃盗癖 
クレプトマニア本人からのSOS
嗜癖問題Q&A: 万引、盗癖

病院内・万引盗癖ミーティング(赤城高原ホスピタル院内、MTM)
クレプトマニアの自助グループについて(都内、KA)
万引き・盗癖の自助グループについて(文献)
クレプトマニア チェックリスト 
窃盗癖、回復者と回復途上者からのメッセージ

窃盗癖患者、闘病日記 その1


ご連絡はこちらへどうぞ ⇒ address
または、昼間の時間帯に、当院PSW(精神科ソーシャルワーカー)にお電話してください。

AKH 文責:竹村道夫(2010/04) 


[トップページ]  [サイトマップ]